ナミハ・ナミハヤ

→ 語義
  

浪速。

  

  

ナミハヤノミナト

→ みなと

浪速の港。
ミツミサキ (御津崎)
神武東征軍はこの港に入り、ここから山後川を遡る。
  

『速浪立つる ミツミサキ 名も浪速の水門より ヤマアト川を 逆上り』29文

  

  

ナミハカシハ・ナミハノカシ

→ 語義

浪速岸端。浪速の岸
浪速の岸辺。浪速の海岸沿い。

 

穴門・吉備  渡りあらぶる 者殺し 浪速岸端の 曲族 みな殺し得て 二十八年の 二月初日 纏向の 都に帰る』38文
『"ただ吉備の 穴門 浪速の 岸はたり 悪しき息吹き 道行くも 災い回む 溢れ者 海と陸との 道 開く"』38文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】