アナト

→ 語義
  

1.吉備の国の別名。 
2.また特に吉備国の西部。長門の国。
  

『我は加羅国 君の御子 ツノガアラシト  父が名は ウシキアリシト 伝え聞く 聖の君に 服ふと 穴門に到る』34文
穴門・吉備  渡りあらぶる 者殺し 浪速岸端の 曲族 みな殺し得て 二十八年の 二月初日 纏向の 都に帰る』38文
『"ただ吉備の 穴門 浪速の 岸はたり 悪しき息吹き 道行くも 災い回む 溢れ者 海と陸との 道 開く"』38文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】