クマノ(1)

→ 語義
  

隈野。 
「汚穢・隈の所」の意。
一般名詞としても、固有名詞としても使われる。

固有地名としてのクマノは、神倉山 (和歌山県新宮市磐盾) の麓の地と思われ、ここは特にミクマノ(御隈野)と呼ばれる。
ソサノヲ
イサナミが生理中の交わりで孕んだので、その汚穢隈がソサノヲに宿って世の隈となる。イサナミは我が身の汚穢が原因であると責任を感じ、「隈の宮」となってその隈を身に受けようとした。そのイサナミの最期の場所がクマノ(隈野)。イサナミは「隈の神」と贈り名される。
  

京都府京都市右京区嵯峨愛宕町、愛宕 (アタゴ) 神社
和歌山県新宮市新宮、神倉 (カミクラ) 神社
和歌山県新宮市新宮、熊野速玉
(クマノハヤタマ) 大社
  

★『熊野那智大社の由緒』「熊野」という地名は「隈の処」という語源から発しているといわれている。
  

『この二柱 生む殿は アマのハラミと ツクバ山 淡路 ツキスミ 隈野なりけり』3文
イカルカの 宮に移りて その翌時 大殿に四方を 望む折 領庭山に カラス飛ぶ  隈野と思ひ 宮遷し』20文
カグヤマも言ふ "隈野現る 翌時移せば 好き例し すでに極まる"』20文

  

  

クマノ(2)

→ 語義
  

隈野。
ダメな土地。不毛の地。
八州を巡るニニキネ一行は、アワ海西岸の高島に着く。その地のクマ野とヨロギ野を開墾しようと、コモリの子のオオタミシマ (ミゾクイ) に池・川を建設させる。
高島市新旭町に熊野本という地名が残る。 
  

滋賀県高島郡新旭町太田、太田 (オオタ) 神社
  

『到るタカシマ ささなみの 桜も好しと 折り髪挿し 隈野蹌踉野 田にせんと オオタミシマが 池・川 成す』24文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】