オオタ

→ 語義
  

太田命。 
コモリ
の12男。 
クシミカタマ
の妻ミラ姫の父。 
ニニキネ
の八島巡りに御供し、兄のミノシマと共にヲウミ高島クマ野ヨロギ野を田にする。 
またヒロサワ池 (京都市右京区) を掘り、この辺りを国となす。 
ウガヤ
の死後、日向代殿 (タケヒト) 副モノヌシとしてツクシに侍る。
   

滋賀県高島郡新旭町太田、太田 (オオタ) 神社
滋賀県高島郡安曇川町青柳、太田 (オオタ) 神社
静岡県引佐郡三ケ日町三ケ日大輪山、濱名惣社神明宮 (ハマナショウシャシンメイグウ)
  

★高島郡新旭町には『熊野本』という地名が残る。また高島郡安曇川町青柳の旧名は『萬木』ある。

  

                         ┌────────┐
                         ├タケフツ    ├チシロ
                         ├ヤサカヒコ   ├ミノシマ(ミゾクイ)
                         ├ナラヒコ    ├オオタ
                         ├コセツヒコ   ├イワクラ
                         ├チハヤヒ    ├ウタミワケ
                         ├ヨテヒコ    ├ミコモリ
                         ├ヨシノミコモリ ├サギス
タカキネイクタマ─??─スヱツミイクタマヨリ姫 ├ツミハ     ├クワウチ
                  ┃──────┴カンタチ    └オトマロ
 ソサノヲオホナムチクシヒココモリ
                  ┃──────┬モトメ     ┌トヨリ姫
    シラヤマ姫─??─アチハセシラタマ姫   ├タマネ姫    ├アワナリ姫
                         ├イソヨリ姫   ├ワカネ姫
                         ├ムレノ姫    ├ハザクラ姫
                         ├ミハオリ姫   ├アサ姫
                         ├スセリ姫    ├ムメチル姫
                         ├ミタラシ姫   ├ハモミ姫
                         ├ヤヱコ姫    ├ミチツル姫
                         ├コユルキ姫   ├シモト姫
                         └────────┘

  

             ┌オオタ────────────────ミラ姫
             │                    ┃
             ├ミシマタマクシ姫 ┌クシミカタマ──┐┃
             │     ┃────┼クシナシ    │┃
             ├────ツミハ   └タタラヰソスズ姫│┃─アタツクシネ
クシヒココモリ     │                   │┃
      ┃──────┴カンタチ               │┃
スヱツミイクタマヨリ姫   ┃────フキネ    (養子)┌──┘┃
               ┃     ┃        ↓   ┃
      フナツ─────フトミミ   ┃────────クシミカタマ
                     ┃
              サシクニ──ワカメ

  

『七はナラヒコ ヤサカヒコ 九はタケフツ 十はチシロ 十一はミノシマ 十二オオタ10文
『到るタカシマ ささなみの 桜も好しと 折り髪挿し 隈野蹌踉野 田にせんと オオタミシマが 池・川 成す』24文

ヒロサワを オオタに掘らせ 国となす あまねく通る ホツマ振り 楽しみ歌ふ』24文
オオモノヌシは タガ殿に 根の国 治め オオタをば 日向代殿 副モノと なして娘の』28文
ミラ姫を 娶りて生む子 タタヒコが アタツクシネは 幼名ぞ』28文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】