イクタマ

→ 語義
  

天活玉命。 
タカギ
の第五子。 
テルヒコ
と共にアスカへ下る。
  

富山県東砺波郡井波町高瀬、高瀬 (タカセ) 神社
石川県羽咋市寺家町、気多 (ケタ) 神社
  

★『旧事』天活玉命(あめのいくたまのみこと)。新田部値(にいたべのあたい)等の先祖。

  

トヨケヤソキネ───┬タカキネ───────┬オモイカネ
   │       │           │
   ├カンサヒ   ├スクナヒコナ     ├フトタマ
   │       │           │
   ├イサナミ   ├ミチコ(アマテル典侍) ├クシタマ
   │       │           │
   └ツハモノヌシ └コタヱ(アマテル内侍) ├ヨロマロ
                       │
                       ├アヒミタマ
                       │
                       ├イクタマ
                       │
                       ├アヨミタマ
                       │
                       ├タクハタチチ姫(オシホミミ内宮)
                       │
                       └ミホツ姫(クシヒコ妻)
  
  
   ソサノヲオホナムチクシヒココモリ     ┌カンタチ
┌──────┘            ┃──────┴ツミハ 他18男子
│ タカキネイクタマ─??─スヱツミイクタマヨリ姫
│                 │
│                 └ヤスタマ姫
│                   ┃──────┬カツテ──??──ツルギネ
└──────────────────ヒトコトヌシ  │
                           └アカホシ
 
  

イサフタマ ツノコリの子ぞ イキシニホ オモヒカネの子 イクタマは タカギの五つ子』20文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】