イソヨリヒメ

→ 語義
  

五十依姫。 
コモリの第3娘。ミホツ姫の孫。
ヒコホホデミ内侍となる。
ミズハメの社に隠遁するトヨタマ姫に、ヒコホオテミの歌を伝える使者となる。
そのことが縁となり、後にカモタケズミの妻に下される。
カモタケズミとの間にタマヨリ姫を儲ける。 
カモタケズミとペアで、河合の神と贈名される。
  

京都府京都市左京区下鴨泉川町、賀茂御祖 (カモミオヤ) 神社
            摂社 河合 (カワイ) 神社
  

★『釈日本紀』山背の賀茂氏の祖神賀茂建角身命と丹波神野の伊可古夜日女(兵庫県氷上町神野神社)の間に生まれた玉依日売が「石川の瀬見の小川に川遊びせし時」、丹塗矢と化して流れてきた乙訓郡の火雷神(乙訓坐火雷神社)と結ばれて生まれたのが、可茂別雷命であるという。

  

                         ┌────────┐
                         ├タケフツ    ├チシロ
                         ├ヤサカヒコ   ├ミノシマ(ミゾクイ)
                         ├ナラヒコ    ├オオタ
                         ├コセツヒコ   ├イワクラ
                         ├チハヤヒ    ├ウタミワケ
                         ├ヨテヒコ    ├ミコモリ
                         ├ヨシノミコモリ ├サギス
タカキネイクタマ─??─スヱツミイクタマヨリ姫 ├ツミハ     ├クワウチ
                  ┃──────┴カンタチ    └オトマロ
 ソサノヲオホナムチクシヒココモリ
                  ┃──────┬モトメ     ┌トヨリ姫
    シラヤマ姫─??─アチハセシラタマ姫   ├タマネ姫    ├アワナリ姫
                         ├イソヨリ姫   ├ワカネ姫
                         ├ムレノ姫    ├ハザクラ姫
                         ├ミハオリ姫   ├アサ姫
                         ├スセリ姫    ├ムメチル姫
                         ├ミタラシ姫   ├ハモミ姫
                         ├ヤヱコ姫    ├ミチツル姫
                         ├コユルキ姫   ├シモト姫
                         └────────┘

  

         タケイワタツ──アソ姫(内侍)
                  
オホナムチクシヒココモリ──┬モトメ(典侍)
                │ ┃       (タケツミの妻に下される)
                └イソヨリ姫(内侍)─…─…─…─…─…─…┐
アマテルオシホミミニニキネ┐  ┃                  │
               ├─ホオテミ  ヤセ姫 ┌ヰツセ      :
  カグツミマウラアシツ姫┘  ┃     ┃──┘         │
                  ┃──ウガヤフキアワセズ       :
                  ┃       ┃          │
カナサキ───??───ハテツミ─┬トヨタマ姫(内宮) ┃───┬イナヰイ  :
                │         ┃   │      │
                └カモタケツミ   ┃   └カンタケ  :
                   ┃────タマヨリ姫        │
                 イソヨリ姫    ┃──ミケイリ    :
                  ↑     白羽の矢         │
                  │                  :
                  └…─…─…─…─…─…─…─…─…─┘

   

『一姫はモトメ タマネ姫 イソヨリ姫に ムレノ姫 ミハオリ姫や スセリ姫 ミタラシ姫に ヤヱコ姫10文
『故 歌詠みて ミホツ姫が 孫イソヨリを 遣わせば  迎ゆるを イソヨリは 直ちて詠む歌』26文

沖つ鳥 カモ着く島に 我が寝ねし 妹は忘らじ 夜の事々も』26文
イソヨリが ミホツの歌に "忌みと斎ひ 穢れを立つる 日の本の 上の心を 知る人ぞ尊"』26文
ミホツ姫申す "十二 あれど我が孫 典侍モトメ  内侍イソヨリ 繁居りの 中にイソヨリ 知る人ぞ"』27文
に尋ねば 頷きて これタケヅミに 賜われば 河合の建ちぞ』27文
カモタケズミと イソヨリと 十三迄も 子なき故 ワケツチ神に 祈る夜の』27文
『夢にわる "タマ"の名の タマヨリ姫を 生みて後 養して齢 十四に タラチネ共に 神となる カアヒの神ぞ』27文
『親のタケスミ イソヨリが 名付くタマヨリ ハデが孫 子は父も無く 神生りぞ 父が無ければ 斎名せず 出雲の御子と』27文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】