ヰツセ・イツセ

→ 語義
  

五瀬命。 
ウガヤ
ヤセ姫の子。 
ウガヤがツクシに御幸するに際し、オシクモクシミカタマを左右に配して『タガの央君』に任じられるが、ナガスネヒコの暴挙を恐れて、筑紫の神武の元へ逃げる。 
神武東征中、生駒山クサエ坂の戦いで、肘を射られ死亡。紀伊のカマ山に葬られる。

  

         タケイワタツ──アソ姫(内侍)
                  
オホナムチクシヒココモリ──┬モトメ(典侍)
                │ ┃       (タケツミの妻に下される)
                └イソヨリ姫(内侍)─…─…─…─…─…─…┐
アマテルオシホミミニニキネ┐  ┃                  │
               ├─ホオテミ  ヤセ姫 ┌ヰツセ      :
  カグツミマウラアシツ姫┘  ┃     ┃──┘         │
                  ┃──ウガヤフキアワセズ       :
                  ┃       ┃          │
カナサキ───??───ハテツミ─┬トヨタマ姫(内宮) ┃───┬イナヰイ  :
                │         ┃   │      │
                └カモタケツミ   ┃   └カンタケ  :
                   ┃────タマヨリ姫        │
                 イソヨリ姫    ┃──ミケイリ    :
                  ↑     白羽の矢         │
                  │                  :
                  └…─…─…─…─…─…─…─…─…─┘

  

大阪府和泉市仏並町、男之宇刀 (オノウト) 神社
大阪府泉南市男里、(オノ) 神社
和歌山県和歌山市和田、竈山 (カマヤマ) 神社
  

『年も若生の ヤセ姫を 十一のも みな祝ふ オシクモ清め 代嗣社に 祈れば著し 孕み得て 十五月に生む ヰツセ君27文
『言葉も精し 透き通る 珠の姿の 輝けば 御言宣して 内局 ヰツセ養せば 御子の名も ミケイリ御子ぞ』27文

『時にヰツセに 御言宣 "タガの央君"と オシクモと クシミカタマと 左右にあり』27文
『汝二人も 永らえず イツセは子無し タケヒトは 万の御祖なり タネコらも ヱト六十内に 妻入れて 代嗣を成せよ』27文
ナガスネが 我を立つれば 市 騒ぐ 故にハラミの 御子告れて』28文
ホツマヒタカミ 糧船を 上さぬ故に タガの宮 ツクシの宮に 行き居ます』28文
カンヤマト イハワレヒコの 皇は 御祖天君 四つの御子 母はタマヨリ 兄宮の ヰツセ多賀の 央君なり29文
『故にナガスネ 船止む オオモノヌシが 討たんとす タガの央君は 驚きて 筑紫に下り 共に治す』29文
『諸御子も "然に いやちこ"と "先にヲシテの 答えつら  速やかに 御幸なせ"』
29文
ナガスネが 軍 起して "我が国を 奪わんやわ" と 孔舎衛坂 戦ひ合わす ヰツセ御子 肱を撃たれて 進み得ず29文
茅渟の山城で ヰツセ枯る 紀の竃山に 送らしむ 名草のトベが 拒む故 潰して狭野へ』29文
ナガスネヒコは 山崎に 川船拒む モノヌシが 討たんとすれば ヰツセ御子  恐れ多賀より 行く筑紫30文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】