サノ

→ 語義
  

狭野。 
現・和歌山県新宮市佐野。 
海岸に面しており、神武東征軍はナグサノトベを誅した後、一旦ここに船を着けて上陸したのだろう。
  

名草のトベが 拒む故 潰して狭野へ 熊野群 磐盾越えて 沖を漕ぐ 旋風 船を 漂わす』29文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】