さの  サノ  sano

  

【狭野・佐野】<地名>

『なくさのとへか こはむゆえ つみしてさのえ くまのむら』ホ29

 
さぬ(繁ぬ・聳ぬ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

変態:「しな(信)」「しの(篠)」「ちの(茅野)」「ちぬ(茅渟)」「ちね(千峰)
類語:「さぬき(讃岐)」

  

09/12/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】