ちね  チネ  tine

  

【(因)】
交わり。因み。交合。和合。

ちぬ(因ぬ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・交わる・因む」などの意。

変態:「ちに(因)
派生語:「たらちね

 
 

【(珍・朕)・千峰】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま

『ひめはあさまに いなむつき たかちねにいり かみとなる』ホ26

 
ちぬ(繁ぬ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「ちほ(千穂)」「ちぬ(茅渟)」「しな(信濃)」「ちの(茅野)」「しの(篠)

  

14/10/21

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】