ナグサノトベ

→ 語義
  

名草戸畔。
名草県の県主。 
クサエ坂
で負傷したヰツセは、茅渟の山城で世を去る。
紀の竃山に葬るが、名草の県主はこれを拒んだので誅殺される。
  

和歌山県和歌山市関戸、矢宮 (ヤノミヤ) 神社
和歌山県和歌山市吉原、中言 (ナカゴト) 神社
  

茅渟の山城で ヰツセ枯る 紀の竃山に 送らしむ 名草のトベが 拒む故 潰して狭野へ』29文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】