アメタネコ

→ 語義
  

天種子命。
コヤネ
の孫、オシクモの子。
ウサマロの父。

タケヒト斎名を奉る。
ウガヤ
の筑紫巡幸の間は幼いタケヒトの守役。 
ウガヤが罷るとき、ウガヤからタケヒトの補佐役として『国を治らする百の文』を賜り、そのままタケヒトと共にミヤサキ宮に居つく。
タケヒトの東征に宇佐まで随伴、そこでウサコ姫を娶り、筑紫の勅使となる。
東征の少し前に父オシクモが罷ったので枚岡で喪を治め、四神を祭る。
オシクモの所領地の河内は、草加のアウエモロに治めさせる。
タケヒトが大和を制圧するとツクシから上ってくる。

神武の鏡臣 (左大臣)
神武の大嘗会では、クシミカタマと共にミケナヘマツリモフスヲミ(御食供国政申臣) となる。 
直り中臣守
の家名を神武より賜る。中臣氏の祖。
カヌナカワミミ
のとき勅使人としてがツクシを治めるが、タネコが行った穢治りの祓 (カセフの祭り) によりトヨの国にナオリのアガタができている。 
187歳(上鈴158年、綏靖25年)で罷る。三笠山に葬られ、春日の殿に祭られる。

  

        ┌フツヌシ
       ??┤
        └アサカ姫┐
             ├─アマノコヤネ─┐
ツハヤムスビ─??─ヰチヂ─┘        ├オシクモアメタネコウサマロ ・・・ ・・・ ・・・オオカシマ
                      │    │
                      ├ヒタチ ├(アウヱモロ)
トヨケ─??─ヲハシリタケミカツチヒメ──┘    │
                           └(タケチノコリ)
*アウヱモロとタケチノコリについては推定。
   
  

大阪市東住吉区住道矢田、中臣須牟地 (ナカトミスムチ) 神社
大分県大分郡庄内町蘇野、直入中臣 (ナオリナカトミ) 神社
京都府京丹後市久美浜町新町、神谷 (カミタニ) 神社
  

『時にタネコが "タケヒト"と 斎名ちりばめ 奉る』27文
タネコは御子の 大御守 御子タケヒトは 歳五つ またイワクラは 宮内の 局預り』27文
『御子タケヒトと タネコ タガより出でて 西の宮 大ワニ乗りて ウドの浜 ミヤサキ宮に 到ります』27文
イツセは子無し タケヒトは 万の御祖なり タネコらも ヱト六十内に 妻入れて 代嗣を成せよ』27文
タケヒトは 歳十五なれば 我が代わり タネコが助け 治むべし』27文
白矢のヲシテ 
タケヒトに 国を領らする 百の文 タネコに譲る』27文
アマノタネコは この文を ミカサに籠めて の供 ナガスネヒコは その蔵を 密かに開けて 写し盗る』28文
『蔵人見つけて これを告ぐ タネコ驚き に告ぐ 差使遣れば 御子答え "蔵人が業は 我 知らず"』28文
宮崎に タネコらと 政 執る故 静かなり』29文
宇佐に到れば ウサツヒコ "人あがり屋" に 御饗なす 膳出に寄る ウサコ姫 タネコが妻と 父に問ひ 筑紫の大使と』29文
『統べ治まれば 筑紫より 上るタネコと モノヌシに "都 移さん 地 見よ"と』29文
『"橿原 好し" と 申す時 も思いは 同じくと アメトミをして 宮造り』29文
『筑紫のタネコ 喪を治め 四神祭りて アウヱモロ 河内を兼ねて 治めしむ』30文
アマノタネコは 上の代の 振言記し 奉る 七草みそも ドンド火も 神現り粥も 行われ』30文
高御座 褥九重 アマノタネコは 褥三重 クシミカタマは 褥二重 日の臣歌ふ 都鳥 三重下りて聞く』30文
日の臣は 璽の御筥  奉る アタネ アメトミは 八重垣持ちて アメタネコ クシミカタマに 授くなり』30文
十一月に 天ユキ地スキの 宮 造り 元明 陽陰の 神祭 タネコクシタマ 左右にあり 神饌供え祭り 申す臣30文
アメタネコ クシミカタマと ヤスカワの 仮屋に祈り 時 疫病 直ると稲の 痛み更る 直りの祓 行えば』30文
タネコも上祖 ワカヒコが 直き明暗見の 殊 継げば "直り中臣 尊"  賜ふ 共に継ぐべし』30文
アメタネコ クシネウサマロ 若宮に 送り議れば タギシ御子 一人政を 執らんとす』31文
筑紫より 御幸を乞えば 御代りと 直り中臣 下らしむ 直りの 県 成る 三十二の主も 法を受く』
31文
『先に五月雨 六十日降り 稲苗みもちに 傷む故 付くる御使人 居直りの祓  "カセフの祭" なす』31文
ら努めて 押草の 守りに苗も よみがえり みあつく成れば 賑はひて 故に "果実の 祭" なす』31文
アメタネコ更る 百八十七歳 骸 納む 御笠山 春日の殿に 合ひ祭る "ミカサ"の姓 ウサマロに 賜ひて讃ゆ ミカサ臣31文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】