タガノヲキミ

→ 語義
  

多賀央君。 
ヰツセ
を指す。 
ウガヤ
がツクシ巡幸の間、イツセがタガの央君として、左右にオシクモクシミカタマタケヒトの守役にアメタネコ、宮内の局預りにイワクラを従えて国政を執ることになる。
  

『時にヰツセに 御言宣 "タガの央君"と オシクモと クシミカタマと 左右にあり』27文
ナガスネが 我を立つれば 市 騒ぐ 故にハラミの 御子告れて』28文
ホツマヒタカミ 糧船を 上さぬ故に タガの宮 ツクシの宮に 行き居ます』28文
カンヤマト イハワレヒコの 皇は 御祖天君 四つの御子 母はタマヨリ 兄宮の ヰツセ多賀の 央君なり29文
『故にナガスネ 船止む オオモノヌシが 討たんとす タガの央君は 驚きて 筑紫に下り 共に治す』29文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】