キサキ

→ 語義
  

后。
単に「后」という場合は、「ウチミヤ(内宮)」をいう場合もあるし、内宮以外の局をいう場合もある。
「后を立つ」と表現する場合、この后は「内宮」を指す。
「ミキサキ(御后)」と言う場合には「内宮」を指すことが多い。
「ウチキサキ(内后)」と言う場合は「内宮」と「内侍」の場合の両方あるので、注意を要する。

后は、基本的には子を生むことによって昇格するらしい。
男子を生むと典侍に、女子なら内侍に昇格する。生んだ男子が皇太子になると内宮に昇格する。
セオリツ姫の場合、始めは内侍、オシホミミを生んで典侍、それが皇太子と成った時点で内宮に上ったようだ。

 

アマテルの内宮と四局

根国   イサナギ┐     
         ├───アマテル
ヒタカミ イサナミ┘    ┃
              ┃
              ┃
ハラミ  サクラウチ───セオリツ姫ホノコ [内宮] ─────オシホミミ(8)
              ┃
              ┃
根国   クラキネ──┬─マス姫モチコ   [北典侍] ──アメノホヒ(1)
           │  ┃
           └─コマス姫ハヤコ  [北局の内侍] ──タケコ(2)・タキコ(3)・タナコ(4)
              ┃
山背   カダ──────アチコ      [北局の下侍]
              ┃
              ┃
ヒタカミ ヤソキネ──┬─オオミヤ姫ミチコ [東局の典侍] ──イキツヒコネ(6)
           │  ┃
           └─タナハタ姫コタヱ [東局の内侍]
              ┃
筑波   ツクバハヤマ──ソガ姫      [東局の下侍]
              ┃
              ┃
美濃   カナヤマヒコ──ウリフ姫ナカコ  [南局の典侍]  ← 内宮に上ったホノコの代りに入る
              ┃
ハラミ  サクラウチ───ワカサクラ姫ハナコ[南局の内侍]
              ┃
筑紫   カスヤ─────イロノヱ姫アサコ [南局の下侍]
              ┃
              ┃
筑紫   カナサキ────ハヤアキツ姫アキコ[西局の典侍] ──アマツヒコネ(5)
              ┃
筑紫   ムナカタ──┬─オリハタ姫オサコ [西局の内侍]
           │  ┃
           └─トヨ姫アヤコ   [西局の下侍] ──クマノクスヒ(7)
  

宮つ屋 成りて 十二の后 スガタ 御后に なして歌詠み カダカキの 琴を楽しむ』20文
カゴシマ宮に 移ります トヨタマ姫を 御后に 典侍下侍 二人ずつ 六局も成り 調えば』25文
陽炎の火の コエ国の タケイワタツは 沓を上げ アソ姫 斎餞に 奉る 召し上げて 内后25文
三鈴の間 しばらくも 休まで民を 治す故に も 御子生まず』25文
七月七日 妹背結び カモタケズミに 御言宣 "を妻に 賜ふべし 乞ふに任せん"』27文
『姉タマネ姫 ハラ央君 になして ミゾクイが イクタマ典侍 イクヨリは 内侍となれど』27文
『"代々の上祖の 嗣子無し 十二のも 如何なるや" 時に天君 "我 思ふ 十三老いて 種あらじ"』27文
『年も若生の ヤセ姫を 十一のも みな祝ふ オシクモ清め 代嗣社に 祈れば著し 孕み得て 十五月に生む ヰツセ君27文
『生む御子は 
イナイイ君ぞ 御后と 成りて生む御子 カンヤマト イハワレヒコの 尊なり』27文
御内には 十二の局に 置く  四人の典侍に 四内侍と 四乙下 添えて 月の宮 セオリツ姫を 御后と』28文
『時にイサワの 陽陰つ神 十二の后も 神となる セオリツ姫と 大御神 宮 移さんと ミモ郷に 天昇る地  得て』28文
『また ヒロタに行きて ワカ姫と 共に妹心 守るべし 我はトヨケと 背を守る 妹背の道なり』28文
セオリツ 御后に なるをモチコが 殺さんと 妬めばハヤは を退い 弟君 媚えど 露れて 共にさすらふ28文
アスカに照らす ニギハヤヒ 妹ミカシヤを とし 生む御子の名も ウマシマチ29文
『" 立てん" と 諸に問ふ ウサツが申す "コトシロが タマクシと生む 姫 タタラ ヰソスズ姫は 国の色"』29文

代嗣なし クメが子の イスキヨリ姫 乙下侍に 召せばに 咎められ』31文

『二十九年 キシヱ一月三日 立つ ヨソタリ姫の 歳十五ぞ』31文
磯城オオメが ホソ姫を 春日 チチハヤが ヤマカ姫 なる 典侍后32文
『十八年春 一月十五日  生む御子は ヤマトネコヒコ クニクルの 斎名モトキネ』32文
陽陰の御孫の なり 飾りを民に 拝ませて 御上后と を上げ 十二のに  立つ』32文
『民に拝ませ も上げ 十二のも 先にあり 明くるキナヱを 初の年』32文
オオヒコの姫の 今年十一 召しての ミマキ姫33文
『民 楽しめば 君 安ぐ も生えて 典侍ヤサカ 十市に詣で 生む御子は トチニイリ姫34文
『七年七月 初日 コモツミの 子のツツキ タルネカバヰ ツキ姫を 立つ 妹の カクヤ姫 なる内侍35文
ヒハス姫 に立てて 妹三人 典侍内侍に タケノ姫  一人返せば 恥かしく  輿より罷る 堕国ぞ』36文
ヒハスの 回送りは 諸臣召して 御言宣 "先の追枯れ 好からねば この行ひは 如何にせん"』37文
『帰る後 サラスが娘 呼び上せ カマハタトベを とし イワツクワケの 御子を生む 斎名 トリヒコ』37文
キビツヒコが姫  立つ 播磨イナヒ ヲイラツ姫 内侍の時に 去年四月  孕みて生まず 二十一月経て』38文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】