キビツヒコ・キビヒコ

→ 語義
  

吉備津彦。 
ヰサセリヒコのことではなく、弟ワカタケヒコの子をいうようだ。
イナヒヲイラツ姫の父。またおそらくキビタケヒコハリマタケヒコの父。
崇神天皇のとき、四方の治人の西南担当に任命されている。
崇神天皇のとき、タケヌナガハと共に出雲の神主フリネを討つ。
  

兄ワカタケヒコが治めた吉備上道と、弟ワカタケヒコ治めた吉備下道は、播磨も含めて、この人の代に統一されたように感じている。その理由は、(1)キビツヒコは四方の治人の一人となり、西南を平定している。(2)この人の娘のイナヒヲイラツ姫は「播磨のイナヒヲイラツ姫」と書かれている。(3)イナヒヲイラツ姫の葬儀には「吉備・播磨 兄弟のタケヒコ」が参列している。これは吉備・播磨の兄弟のタケヒコが、イナヒヲイラツ姫の兄弟であることを示すように思われる。(4)広島県府中市の小野神社の由緒に、吉備のタケヒコが弟ワカタケヒコの孫であると書かれている。
  

岡山県岡山市吉備津、吉備津 (キビツ) 神社
広島県福山市新市町宮内、吉備津 (キビツ) 神社

  
孝霊天皇兄ワカタケヒコ      ┌イナヒヲイラツ姫ヲウス
    │ (吉備上道) ─┐    │        │
    │        │融合  │        └オウス
    │        ↓    │          ┃
    └弟ワカタケヒコキビツヒコキビタケヒコアナトタケ姫
      (吉備下道)       │      │
                  │      └御友別命─オトヒコ
                  │
                  └ハリマタケヒコ
    
  

オオヒコをして 御使 タケヌナガワを ホツマ御使 キビツヒコして 西南の御使 タニハチヌシを 丹波御使』33文
カラヒサは甥 ウカツクヌ 連れ上ぼり に告ぐれば キビヒコと タケヌワケとに 御言宣』34文

キビツヒコが姫  立つ 播磨イナヒ ヲイラツ姫 内侍の時に 去年四月  孕みて生まず 二十一月経て』38文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】