ヰサセリヒコ

→ 語義
  

五十狭芹彦命。
フルネームはヤマトヰサセリヒコ。「ヤマト」は母の名から。
オオヤマトフトニ
(7代孝霊天皇) 内侍ヤマトクニカ姫の生んだ三つ子のひとり。 
孝霊53年、情勢不穏になった西国安定のため、斎部主の添えとしてチノクチ播磨のヒカワに派遣される。 
ミマキイリヒコ
(10代崇神天皇) の頃、タケハニヤスが謀反を起こし、ハニヤスの妻アダ姫が大坂から攻め上るを、討ち破る。

  

ヤマトタリヒコクニ┐
    (孝安天皇)├────オオヤマトフトニ(孝霊天皇)
オシ姫──────┘      ┃
                ┃
シギ県主オオメ───────ホソ姫[内宮]───────(7)ヤマトクニクル
                ┃           (孝元天皇)
カスガ県主チチハヤ─────ヤマカ姫[典侍]
                ┃
トイチ県主マソヲ──────マシタ姫[ココタエ]
                ┃
大和国造   ───┬───ヤマトクニカ姫[内侍]──┬(1)ヤマトモモソ姫
          │   (ヤマト大宮女)     │
          │     ┃      三つ子├(2)ヤマトヰサセリヒコ
          │     ┃         │
          │     ┃         └(3)ヤマトワカヤ姫
          │     ┃
          └───ハヘ姫[内侍]──────┬(4)兄ワカタケヒコ
              (若大宮女)       │
                       三つ子├(5)ヒコサシマ
                          │
                          └(6)弟ワカタケヒコ

  

兵庫県加古川市加古川町大野、日岡 (ヒオカ) 神社
香川県高松市一宮町大字一宮、田村 (タムラ) 神社
  

★『書紀』彦五十狭芹彦命(ひこいさせりひこのみこと)。 
■他文献では大吉備津彦命とよばれている。ホツマにおいてはキビツヒコはこの人のことではなく、弟ワカタケヒコの子である。
  

『夏 内侍 ヤマトクニカが 三つ子生む 名は皆ヤマト モモソ姫 ヰサセリヒコに ワカヤ姫 母もヤマトの 大宮姫32文
『五十三年 西中負えず チノクチと 播磨ヒカワに 斎瓮主 ヤマトヰサセリ これに添え』32文
『"ヰサセリヒコを 逢坂へ" 向かひアタ姫 討ち破り ついに殺しつ オオヒコと ヒコクニフクと 向わしむ』34文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】