ヲシ・オシ

→ 語義
  

  1. 治し。治人。教人。
    束ねる人。治める人。教える人。 =ヲサ(長)・ヨシ(寄し)・ウシ(大人)・ヌシ(主)
      
  2. 御使。大使。
    ヲシカ
      

『親が子を 孕めば乳足る 父・母は 実に足乳根よ "タ" もヲシも 乳無きの親よ』17文
ミケヌシ 御使に いのらしむ アワ国水尾に 田和守 晴れを祈りて 祓[カセフ]なす 』32文
『民治す教え "神まつり" やや汚穢去れど 遠つ国 粗人 法を まだ迎けず 故 四方に御使 遣はして 法 教えしむ』33文
オオヒコをして 御使 タケヌナガワを ホツマ御使 キビツヒコして 西南の御使 タニハチヌシを 丹波御使』33文
『今すでに 新羅の仇に 治め得ず 矛を尋ねて  民 活す  願わくは 国平けの 御使を乞ふのみ』34文
『ある日ヒカトベ 若宮に 告ぐる我が子の この頃の歌 "玉藻垂つ 出雲祭らば まくさまじ"』34文
『"日夜見御使 フリネ 御明暗見 三十九宝の 神殻主 だに身屈り 神霊 垂づが 和し厳みは 神殻主やも"』34文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】