※29文〜40文は、地名については原義と異なると思われる場合でも、現在一般に使用されている漢字で表記しています。

  
 【原文カタカナ訳】      【語義考察】           【漢字読み下し】
 カミアカメヱヤミタスアヤ   かみあかめゑやみたすあや     神崇め疫病治す文
  
 トキアスス ムモフソヒトシ  ときあすす むもふそひとし    時 上鈴       六百二十一年

 キナヱハル ムツキネシヱハ  きなゑはる むつきねしゑは    キナヱ春       一月ネシヱは
                                               (1日がネシヱ)

 ソミキシヱ ヰソニヱノミコ  そみきしゑ ゐそにゑみこ    十三日キシヱ     ヰソニヱの皇子

 トシヰソフ アマツヒツキオ  としゐそふ あまつひつきお    歳五十二       和つ日月を

 ウケツキテ ミマキイリヒコ  うけつきて みまきいりひこ    受け継ぎて     ミマキイリヒコ

 アマツキミ ミクサツカヒモ  あまつきみ みくさつかひも    和つ君       三種使も
                                          (日・月・星の使)

 アメタメシ タミニオカマセ  あめためし たみおかま    陽陰例       民に拝ませ
                                (陽陰御子の例)

 ハハオアケ ミウヱキサキト  ははあけ みうゑきさきと    母を上げ      御上后と
                               (イカシコメ)

 モモフソヒ オオハハノトシ  ももふそひ おおははとし    百二十一      大母の歳
                                          (ウツシコメ)

 モモムソフ オオンキサキト  ももむそふ おおんきさきと    百六十二      大御后
  
  
 ハツトシノ キサラキサウト  はつとしの きさらきさうと    初年の       二月サウト
                                            (1日がサウト)

 ソムツミヱ オオヒコノメノ  そむつみゑ おおひこの    十六日ツミヱ     オオヒコの姫の

 コトシソヒ メシテキサキノ  ことしそひ めしきさきの    今年十一       召しての
                                               (内宮)

 ミマキヒメ キアラカトヘカ  みまきひめ あらかとへか    ミマキ姫      紀アラカトベが
                                               (紀の国造)

 トオツアヒ メクハシウチメ  とおつあひ めくはしうちめ    トオツアヒ     メクハシ内侍
 オオスケニ アフミカヤサカ  おおすけに あふみやさか    大典侍に      近江ヤサカ
                                         (ヒコヰマスの子)

 フリイロネ カリスケトナル  ふりいろね かりすけなる    フリイロネ     '仮典侍となる

 オハリカメ オオアマウチメ  おはり おおあまうちめ    尾張が姫      オオアマ内侍

 ナカハシノ ヲシテトルモリ  なかはしの をしてとるもり    ナカハシの     ヲシテ執る守'
                                             (ココタヘ)
  
 コレノサキ メクハシカウム  これのさき めくはしうむ    これの先      メクハシが生む

 トヨスキメ オオアマカウム  とよすきめ おおあまかうむ    トヨスキ姫     オオアマが生む

 ヌナキヒメ メクハシカウム  ぬなきひめ めくはしかうむ    ヌナギ姫      メクハシが生む

 ヤマトヒコ イムナヰソキネ  やまとひこ いむなゐそきね    ヤマトヒコ     斎名ヰソキネ

 ヤサカウム ヤサカイリヒコ  やさかうむ やさかいりひこ    ヤサカ生む      ヤサカイリヒコ

 オオキネソ カレハハオアク  おおきねそ かれははあく    オオキネぞ     故 母を上ぐ
                                            (それぞれ昇格)
  
 ミホナツキ シキミツカキニ  なつき しきみつかきに    三年九月       磯城瑞籬に
                                  (上鈴623年)

 ニイミヤコ          にいみやこ            新都
  
       ヨホメスエミカ        すえ              四年十月二十三日
                                          (上鈴624年)

 ミコトノリ ミヲヤノサツク  みことのり みをやさつく    御言宣       「上祖の授く

 ミクサモノ クニトコタチハ  みくさもの くにとこたちは    三種物       クニトコタチは

 カンヲシテ アマテルカミハ  かんをして あまてるかみは    尊璽        アマテル神は

 ヤタカカミ オオクニタマハ  やたかかみ おおくにたまは    ヤタ鏡       オオクニタマは
                                            (クシヒコ)

 ヤヱカキト ツネニマツリテ  やゑかきと つねまつりて    八重垣と      常に纏りて

 ミトカミト キハトホカラス  かみと きはとほから    身と神と      際 遠からず

 トノユカモ ウツハモトモニ  とのゆかも うつはともに    殿・床も       器も共に
                                            (三種器と共有して)

 スミキタル          すみきたる            住み来る

                            
       ヤヤイツオソレ        ややいつおそれ              やや稜威畏れ
 ヤスカラス アマテルカミハ  やすから あまてるかみは    安からず      アマテル神は
                                            (ヤタ鏡)

 カサヌヒニ トヨスキヒメニ  かさぬひに とよすきひめに    笠縫に       トヨスキ姫に
                                 (傘松山麓)

 マツラシム オオクニタマハ  まつらしむ おおくにたまは    纏らしむ      オオクニタマは
                                            (八重垣剣)

 ヌナキヒメ ヤマヘノサトニ  ぬなきひめ やまへさとに    ヌナギ姫      山辺の里に

 マツラシム イシコリトメノ  まつらしむ いしこりとめの    纏らしむ      イシコリトメの

 マコカカミ アメヒトカミノ  まこかかみ あめひとかみの    孫 鏡        アメヒト尊の
                                             (アマメヒトツ)

 マコツルキ サラニツクラセ  まこつるき さらつくら    孫 剣        新に造らせ

 アマテラス カミノヲシテト  あまてらす かみのをしてと    和照らす       尊のヲシテと
                                                 <合せて>

 コノミクサ アマツヒツキノ  このみくさ あまつひつきの    この三種      和つ日月の

 カンタカラ          かんたから            尊宝」
  
       ヰトシヱヤミス        としゑやみす              五年 疫病す
                                          (上鈴625年)

 ナカハカル ムトシタミチル  なかはかる むとしたみちる    半ば枯る      六年 民散る
                                          (上鈴626年)

 コトノリニ タシカタシカレ  ことのりに たしかたしかれ    言宣に       「治し難し 故

 ツトニオキ ツミカミニコフ  つとにおき つみかみこふ    つとにおき     罪 神に乞ふ」
                                  原点に回帰し
  

 フタミヤオ サラニツクラセ  ふたみやお さらつくら    二宮を       新に造らせ

 ムトセアキ オオクニタマノ  とせあき おおくにたまの    六年秋        オオクニタマの

 カミウツシ ナツキソムカヨ  かみうつし なつきそむ    神遷し       九月十六日夜

 アスノヨハ アマテルカミノ  あすは あまてるかみの    翌の夜は      アマテル神の

 ミヤウツシ トヨノアカリノ  みやうつし とよのあかりの    宮遷し       豊の明りの

 イロモヨシ イサトモカミハ  いろよし いさともかみは    色も好し      いざとも神は
                                                 <新社宮に>

 クタリマス イロノツスウタ  くたります いろのつすうた    下ります      "イロ"の十九歌
                                              [憂の伝す歌]
  
  
 サトホシ ユキノヨシモ  いさとほし ゆきのよろしも   『いざ遠し       往きの宜しも

 オホヨスカラ        おほよすからも          大優らも』
  
  
 ナホキサラ ミカミコトノリ  きさら みことのり    七年二月      三日 御言宣
                                  (上鈴627年)

 ワカミヲヤ ヒラクモトヒハ  わかみをや ひらくもとひは    「我が上祖     開く基は

 サカンナリ ワカヨニアタリ  さかんなり わかあたり    栄んなり      我が代に当り

 ヲエアルハ マツリトトカヌ  をえあるは まつりととか    衰え粗るは     祭 届かぬ
                                  (→果つ国)

 トカメアリ ケタシキワメテ  とかめあり けたしきわめて    咎めあり       けだし究めて

 ヨルナリト アサヒノハラニ  よるなりと あさひのはらに    寄るなり」と    朝日の原に
                                 (直す)        (真名井原)

 ミユキシテ ヤモヨロマネク  みゆきて やもよろまねく    御幸して      八百万招く

 ユノハナノ モモソヒメシテ  ゆのはなの ももそひめて    湯の花の      モモソ姫して

 ノリコチニ サツサツスウタ  のりこちに さつさつすうた    宣言に       "サッサ"十九歌
                                              [散惨伝す歌]

  
  
 ルタミモ ツスニマラテ  さるたみも つすまつら   『散る民も      連に服らで

 ヲヱニミタル        をゑみたるさ          衰えに惨るさ』

  
  
 キミトフテ カクオシユルハ  きみとふて かくおしゆるは    君 問ふて      「かく教ゆるは

 タレカミソ コタエテワレハ  たれかみそ こたえわれは    誰神ぞ」      答えて「我は

 クニツカミ オオモノヌシソ  くにつかみ おおものぬしそ    地つ神       オオモノヌシぞ」

 キミマツル コトシルシナシ  きみまつる ことしるしなし    君 祭る       殊 徴無し

 ユアヒシテ スカニイノリテ  ゆあひて すかいのりて    湯浴して      清に祈りて

 ツケモフス ワレウヤマエト  つけもふす われうやまえと    告げ申す      「我 敬えど

 ウケサルヤ          うけさるや            受けざるや」
  
       コノヨノユメニ        このゆめに              この夜の夢に

 ワレハコレ オオモノヌシノ  われはこれ おおものぬしの    「我はこれ     オオモノヌシの

 カミナルカ キミナウレヒソ  かみなるか きみうれひ    神なるが      君な憂ひそ

 タセサルハ ワカココロアリ  たせさるは わかこころあり    治せざるは     我が心あり
                                (自下二)

 ワカハツコ オオタタネコニ  わかはつこ おおたたねこに    我が       オオタタネコに

 マツラサハ ヒトシクナレテ  まつらは ひとしくなれて    祭らさば      ひとしく平れて

 トツクニモ マサニマツラフ  とつくにも まさまつらふ    遠つ地も      真に服ふ」
  
  
  ハツキナカ トハヤカチハラ  はつき とはやちはら    八月七日      トハヤチハラ

 メクハシメ オオミナクチト  めくはしめ おおみなくちと    メクハシ姫     オオミナクチと

 イセヲウミ ミタリミカトニ  いせをうみ たりみかとに    イセヲウミ     三人 帝に

 ツケモフス ユメニカミアリ  つけもふす ゆめかみあり    告げ申す      「夢に神あり

 タタネコオ オオモノヌシノ  たたねこお おおものぬしの    タタネコを     オオモノヌシの

 イハヒヌシ シナカオイチオ  いはひぬし しなかおいちお    斎主        シナカオイチを

 オホヤマト クニタマカミノ  おほやまと くにたまかみの    大ヤマト      クニタマ神の

 イハヒヌシ ナサハムケヘシ  いはひぬし なさむけへし    斎主        なさば平けべし」
  
  
 キミコレニ ユメアワセシテ  きみこれに ゆめあわせて    君これに       夢合せして

 フレモトム オオタタネコオ  ふれもとむ おおたたねこお    告れ求む      オオタタネコを

 チヌスエニ アリトツクレハ  ちぬすえに ありつくれは    茅渟 に      ありと告ぐれば
                                 (茅渟県の陶村)

 キミヤソト チヌニミユキシ  きみやそと ちぬにみゆき    君 八十と      茅渟に御幸し

 タタネコニ タカコソトトフ  たたねこに そととふ    タタネコに     「誰が子ぞ」と問ふ

 コタエニハ ムカシモノヌシ  こたえには むかしものぬし    答えには      「昔 モノヌシ
                                               (コモリ)

 スエスミカ イクタマトウム  すえすみか いくたまうむ    スエスミが     イクタマと生む
                                          (イクタマヨリ姫)

 モノヌシノ オオミワカミノ  ものぬしの おおみわかみの    モノヌシの     オオミワ尊の

 ハツコナリ          はつこなり            裔なり」      
  
       キミサカエント        きみさかえと              君 「栄えん」と

 タノシミテ イキシコヲシテ  たのしみて いきしこをて    楽しみて      イキシコヲして

 ウラナハス コレマコトヨシ  うらなは これまことよし    占わす       これまこと吉し

 ヨソカミオ トエハフトマニ  よそかみお とえふとまに    他守を       問えばフトマニ

 ウラワロシ          うらわろし            占悪ろし      
  
       メツキハツヒニ        めつきはつひに              十月初日に

 イキシコヲ ヤソヒラカナシ  いきしこを やそひらかなし    イキシコヲ     八十平瓮成し

 コレオモテ オオタタネコオ  これもて おおたたねこお    これを以て     オオタタネコを

 イワヒヌシ オオミワノカミ  いわひぬし おおみわのかみ    斎主        オオミワの神
                                            (大神神社)

 ナカオイチ オオクニタマノ  なかおいち おおくにたまの    ナカオイチ     オオクニタマの
                                            (大和神社)

 イワヒヌシ          いわひぬし            斎主
  
       アマネクフレテ        あまねくふれて              遍く告れて

 カミアカメ カミナフミナス  かみあかめ かみなふみなす    神崇め        神名記成す

 カンヘシテ ヤモヨロカミオ  かんへて やもよろかみお    神部して      八百万神を

 マツラシム ヱヤミムケイエ  まつらしむ ゑやみむけいえ    祭らしむ      穢病 平け癒え

 ソロミノリ タミユタカナリ  そろみのり たみゆたかなり    ソロ実り       民 豊かなり
  
  
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ヤホウヨカ タカハシイクヒ   たかはしいくひ    八年四月四日    高芳仕イクヒ

 ミキツクリ ミワオオカミニ  みきつくり みわおおかみに    酒造り        ミワ大神に

 タテマツル ソノアチウマシ  たてまつる そのあちうまし    奉る        その味うまし

 シハスヤカ カミマツラセテ  しはす かみまつらて    十二月八日     神 祭らせて
                                         (ミワ大神)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 (異文)

 ヤホサミト ウヨカタカハシ  さみと たかはし    八年サミト      四月四日 高芳仕
                                  (上鈴628年)

 ムライクヒ ウマササツクリ  むらいくひ うまささつくり    イクヒ       うま酒造り

 ミワカミニ ソノミキウマシ  みわかみに そのみきうまし    ミワ神に      その酒うまし

 シハスヤカ タタネコヤリテ  しはす たたねこやりて    十二月八日     タタネコ遣りて

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ミユキナル イクヒカサケニ  みゆきなる いくひさけに    御幸なる      イクヒが酒に
                                 (大神神社)

 ミアエナス キミノミウタニ  みあえなす きみみうたに    御饗なす      君の御歌に
  
  
 コノミキハ ワカミキナラス  このみきは わかみきなら   『この酒は      我が酒ならず

 ヤマトナル オホモノヌシノ  やまとなる おほものぬしの    ヤマトなる     オホモノヌシの
                                1.調和を成就する
                                2.ミモロ山下に坐す
                                

 カミノミキ イクヒサツクル  かみみき いくひさつくる    神の幹       活霊授くる
                                           神の活霊が授ける

 スキハイクヒサ        すきいくひさ          直は幾久』
  
  
 ミアエオエ トミラウタフテ  みあえおえ とみうたふて    御饗終え       臣ら歌ふて
 
  
 ウマサケヤ ミハミワノトノ  うまさけや みわのとの   『うま酒や      身はミワの殿

 アサトニモ イテテユカナン  あさとにも いてゆかなん    朝方にも      出でて行かなん

 ミワノトノトオ        みわのとのとお          三輪の殿戸を』
                                   (三輪鳥居)
  
  
 トキニキミ コレカエウタニ  とききみ これかえうたに    時に君       これ返歌に
  
  
 ウマサケニ ミハミワノトノ  うまさけに みはみわのとの   『うま酒に      身はミワの殿

 アサトニモ オシヒラカネヨ  あさとにも おしひらかよ    朝方にも      押し開かねよ
                                             開かんね・開こうよ

 ミワノトノトオ        みわのとのとお          三輪の殿戸を』
  
 トノトオシ ヒラキカエマス  とのとおし ひらきかえます    殿戸押し       開き帰ます
  
  
 コホヤヨヒ モチノヨユメニ  やよひ もちゆめに    九年三月      十五日の夜 夢に
                                  (上鈴629年)

 カミノツケ カシキホコタテ  かみつけ かしきほこたて    神の告げ      「畏祝 奉て

 カミマツレ ウタスミサカモ  かみまつれ うたすみさかも    神祭れ        ウダ・隅境も

 オオサカモ カワセサカミオ  おおさかも かわせさかみお    逢境も       かわせ邪霊を
                                            (還せ)

 ノコリナク コレツミヒトノ  のこりなく これつみひとの    残りなく      これ潰人の

 シイトトム ヱヤミナスユエ  しいととむ ゑやみなすゆえ     留む       疫病なす故」
  

 ウスエフカ ヲトミカシマト  すえ をとみかしまと    四月二十二日    大臣カシマと

 タタネコト タマカエシノリ  たたねこと たまかえしのり    タタネコと     "霊還し" 宣り

 マツラシム カレニアカルキ  まつらしむ かれあかるき    纏らしむ      故に明るき
  
  
 ソホネヤト フツキスエヨカ  ねやと ふつきすえ    十年ネヤト      七月二十四日
                                 (上鈴630年)

 ミコトノリ タミタスヲシエ  みことのり たみたすをしえ    御言宣       「民治す教え

 カミマツリ ヤヤヲヱサレト  かみまつり ややをゑされと    "神まつり"     やや汚穢去れど

 トオツクニ アラヒトノリオ  とおつくに あらひとのりお    遠つ国       粗人 法を

 マタムケス カレヨモニヲシ  またむけ かれよもをし    まだ迎けず     故 四方に御使

 ツカハシテ ノリヲシエシム  つかはして のりをしえしむ    遣はして      法 教えしむ」
  
  
 ナツキコカ オオヒコオシテ  なつき おおひこて    九月九日      オオヒコをして
                                           (内宮の父)

 コシノヲシ タケヌナカワオ  こしのをし たけぬなかわお    の御使      タケヌナガワを
                                              (オオヒコの子)

 ホツマヲシ キヒツヒコシテ  ほつまをし きひつひこして    ホツマ御使     キビツヒコして
                                         (弟ワカタケヒコの子)

 ツサノヲシ タニハチヌシオ  つさのをし たにはちぬしお    西南の御使     タニハチヌシを
                                 (山陽)        (ヒコヰマスの子)

 タニハヲシ ヲシエウケスハ  たにはをし をしえうけは    丹波御使      教え受けずば
                                 (山陰)

 ホコロハセ ヲシテタマハリ  ほころはせ をしてたまはり    綻ばせ        賜り
                                    →ホ3ホ17

 イクサタチ          いくさたち            軍立ち
  
  
       オノオノタテハ        おのおのたては              各々発てば

 モチノヒニ オオヒコイタル  もちのひに おおひこいたる    望の日に      オオヒコ到る
                                  (同九月十五日)

 ナラサカニ オトメカウタニ  ならさかに おとめうたに    奈良坂に      少女が歌に
                                          (奈良市歌姫町)
  
  
 ミヨミマキ イリヒコアワヤ  みよみまき いりひこあわや   『みよミマキ      イリヒコあわや

 オノカソヱ ヌスミシセント  おのそゑ ぬすみしせと    己が副       ぬすみ退せんと

 シリツトオ イユキタカヒヌ  しりつとお いゆきたかひ    後つ門を      い行き違ひぬ
                                  裏門から侵入するを、行き違いに出立する

 マエツトヨ イユキタカヒテ  まえつとよ いゆきたかひて    前つ門よ      い行き違ひて
                                  (表門)

 ウカカワク シラシトミマキ  うかかわく しらとみまき    窺わく       知らじとミマキ

 イリヒコアワヤ        いりひこあわや          イリヒコあわや』
  
  
 オオヒコハ アヤシクカエリ  おおひこは あやしくかえり    オオヒコは     怪しく返り

 コレニトフ オトメカイワク  これとふ おとめかいわく    これに問ふ     少女が曰く

 ワレハウタ ウタフノミトテ  われはうた うたふのみとて    「我は歌      歌ふのみ」とて

 キエウセヌ ムナサワキシテ  きえうせ むなさわきて    消え失せぬ     胸騒ぎして

 タチカエリケリ        たちかえりけり          立ち帰りけり

  

  

 最終更新:2016/07/07

  

 リンク先の説明文中
 ★印のついたものは他の文献・サイトからの引用。
 ■印のついたものは筆者の個人的な意見です。

  

  

 【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
 【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
 【ホツマツタエのおもしろ記事】