アマメヒトツ・アメマヒ・アメヒトカミ

→ 語義
  

天目一箇命。天麻比止都命。 
カンミ
の孫。アタネの曽祖父。 
アマテルの言葉に従い、百日の物忌の後、右目ひとつで八振の八重垣の剣を造り奉った金錬人
  

三重県桑名郡多度町多度、多度 (タド) 大社
滋賀県蒲生郡竜王町鏡、(カガミ) 神社
  

★『御上神社由緒』 =アメミカゲ
天一神(なかがみ)と関係がありそうな。

  

                              ┌────??────??───アタネ
                              │┌─アマツハバラ 
   ┌─??──────ヲバシリ────────タケミカツチ│├───??───アマツマラ
   │                          ││┌──??──┬タマクシ
   │       ┌─??──────────アマメヒトツ┘││     ├カンタマ
   │       ├─??───────────??─────┘│     └ミツギヒコ
   │       ├─??───────────??──────┴──??───アマセオ
   │       ├─??───────────??──────┬アマノミチネ
トヨケ┼ヤソキネ───┼タカキネ───────┬オモイカネ   └ムラクモ
   ├カンサヒ   ├スクナヒコナ     ├フトタマ
   ├イサナミ   ├ミチコ(アマテル典侍) ├クシタマ
   └ツハモノヌシ └コタヱ(アマテル内侍) ├ヨロマロ
                       ├アヒミタマ
                       ├イクタマ
                       ├アヨミタマ
                       ├タクハタチチ姫(オシホミミ内宮)
                       └ミホツ姫(クシヒコ妻)

  

『畏れて百日の モノ忌し 右目一つで 錬る剣 八振上ぐれば 御言宣』23文
『"今この剣 むべ熟し 我が実心に よく適い 世の治まる 宝物 名も八重垣の 剣" とぞ』23文
金錬りを褒めて 賜ふ名は "アマメヒトツ" の 尊となる』23文

カンミ孫 アメマヒが曾孫 アタネして 別雷山の 上祖神 三日祭らせて 仇を討つ』29文
イシコリトメの 孫 鏡 アメヒト尊の 孫 剣 新に造らせ 和地照らす 尊のヲシテと この三種 和つ日月の 尊宝』33文
『気 合て練る が塩も 目一守も ヘソ姫 ヨド姫も 笑や得るらん』フ023

  

  

アメヒトカミノマゴ

  
アメヒト尊の孫。
アマメヒトツの子孫。
ミマキイリヒコ(10代崇神天皇) は、三種宝の八重垣剣 (オオクニタマの神霊) と宮中で同居するのは畏れ多いとして、その剣のコピーを造らせ、それを宮中に置いて日月の三種宝とし、オリジナルはヌナギ姫をして山辺の里に宮を建てて祭る。しかし民の半ばが枯れるという疫病が流行するという事態となり、また宮を遷すことになる。
  

イシコリトメの 孫 鏡 アメヒト尊の 孫 剣 新に造らせ 和地照らす 尊のヲシテと この三種 和つ日月の 尊宝』33文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】