うた  ウタ  uta

  

【(和・打)・歌】
合わせ。和し。連ね。綴り。継続。

『をしてたまわる かつてかみ これもよつきの うたのみちかな』ホ10

 ●音の連ね。言葉の綴り。句。節。フレーズ。

『ことはおなおす あわうたお つねにをしゑて』ホ1
『かれたるいねの わかかえる わかのうたより わかのくに』ホ1
うたみそめ おもひかねてそ すすむるお ついとりみれば』ホ1
『かなさきいわく このうたは かえことならぬ まわりうたホ1
みうたつくれは そめふたお さつさもちゐに つけなくる さつさつつうたホ12

全部見る 

 
うつ(和つ・打つ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・連ねる・続ける」などの意。

 
 

【(端・果・涯)・宇陀】
端。果て。際。境界。

『いくさひきゆく みちをみか みねこえうたの うかちむら』ホ29
『いつへおつくり にふかわの うたにうつせる あさひはら』ホ29
うたすみさかも おおさかも かわせさかみお のこりなく』ホ33

 
うつ(棄つ/至つ)」の名詞化。
ここでは「B: 分れる・限る・発す」、また「E: 果てる」などの意。

【うた】−広辞苑より−
 砂浜。高知県の宇多松原など、海浜の地名に残っている。

変態:「はて(果て)」「はた(端)」「ふち(縁)」「うと(端・果・涯・鵜戸)はし(端)」「よし(避・縁)
類語:「はま(浜)」「きわ(際)」「きり(限)」「きし(岸)」「うら(浦)」「そと(外)」「そて(袖)」「そし」「ひな(鄙)

  

11/01/21

 

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】