うら  ウラ  ura

  

【占・心・裏・(基)】
還る所。戻る所。回帰する所。原点。源。
 ●中心。核心。要。 ●本質。本源。こころ。精神。 ●万象の源(モトアケ・陽陰・言葉)。

うらなひて つきかつらきの いとりやま』ホ4
『ひめおゑんやと いやといに みなはたれそと うらとえは』ホ9
『あらはにつとめ うらやすむ なかにひとりは うらなくて』ホ17
『うおのめと かわるひとめの うらかかみ ひたりにもては みきにみゑ』ホ17
『もともとあけの みをやかみ ゐますうらには きたのほし』
ホ23

全部見る 

 
うる(復る)」の名詞化。
ここでは「C: 回る・還る・戻る」などの意。

類語:「もとおり(基)」「もとうら(基)」「もとら(基)」「もとゐ(基)」「もとあけ(元明)」「みなもと(源)」「こころ(心)
関連語:「よそこのかみ(四十九の神)」「あわうた(陽陰歌)」「ふとまに(太兆)
派生語:「うらなふ(占う)」「うらかた(占形)」「うらとふ(心問う)

 
 

【(所・空・洞)】
空間。場所。区分。区画。

『かくのきうえて まうらかみ よよたちはなの きみとなる』ホ24
いしうらの よこたておよひ たこゐなき ちちかいなきお ひきつれて』ホ38

 
うる(和る/放る)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・収める・囲む」、裏を返して「B: 離れる・分ける・区切る」などの意。

変態:「うろ(空・虚・洞)」「ほら(洞)
派生語:「まうら(間所)

 
 

【裏・(失ら)】
離れるさま。それるさま。外れるさま。背くさま。背後。反対。

『あらはにつとめ うらやすむ なかにひとりは うらなくて』ホ17
『うおのめと かわるひとめの うらかかみ ひたりにもては みきにみゑ』ホ17
『おもてよつらね まめみさほ まてにかよはす うらよつれ』ホ39

 
うる(失る)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・それる・曲がる・背く」などの意。

派生語:「うらなし(裏なし)
関連語:「うらきり(裏切り・裏転り)」「うらめ (裏目)」「うらみ(恨み)

 
 

【裏・浦・末・(愚・劣・穢・陰・下)】
負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま
 ●端。隅。果て。ふち。

『またはたれ ひすみひたかみ かくやまと ふたいわうらに つくつけの』ホ8
『ひなまつり をしゑていたる かたのうら あわしまかみそ』ホ9
『おおわにお しかのうらより つなときて はやちにきたの つにつきて』ホ26
『たこのうらひと ふちのはな ささくるゆかり はらみゑて なおうむみうた』ホ32
『ひとなりみれは きみならす さらにかえりて みやこちと うらしまたつね』ホ34

全部見る 

 
うる(倦る)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「うれ(末)」あら(粗)」「おり(下り・滓)」「おろ(愚)」「おゑ(汚・穢)」「いわ(汚穢)
類語:「のち(後)」「うしろ(後ろ)」「しり(尻)」「すみ(隅)」「すえ(末)」「はま(浜)
うと(鵜戸)」「きし(岸)」「かた(潟)
派生語:「かたのうら(加太の浦)
反対語:「まえ(前)」「おも(面・表)」「むね(胸)」「さき(先)」「あらは(露)

 

09/12/23

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】