はま  ハマ  hama

  

【浜】
陸と海が接する所。 端。隅。外れ。果て。

『ふりはよろしき はまひさし なみうちかきり いわあらふ』ホ11
『みるめあふかゐ ゆるはまお とえはなもなし』ホ11
『をゐのみるめも としなみの なこそしるへゆ ちなみあふはまホ11
『おきつもは へにはよれとも さねとこも あたわぬかもよ はまつちとりよ』ホ24

全部見る 

 
はむ(嵌む/果む)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・接する」、また「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「うら(浦)
類語:「きわ(極・際)」「へ(端・辺)
はま(浜)」「すみ(隅)うと(鵜戸)」「きり(限)」「きし(岸)かた(潟)

 
 

【(合・嵌)】
合うさま。匹敵するさま。似るさま。対になるさま。

『なこそしる ふつのみたまの ささむかひ かゐのはまくり あふみをち』ホ11

 
はむ(合む・嵌む)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・匹敵する・似る・対になる」などの意。

  

09/11/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】