はまつちとり  ハマツチトリ  hamatutitori

  

【(放つ千鳥)・浜つ千鳥】
1.浜辺に上がった渡り鳥。
2.去ってしまった渡り鳥。(ふたたび戻ってくる期待がこもる)

『おきつもは へにはよれとも さねとこも あたわぬかもよ はまつちとりよ』ホ24

 
[1]
はま(浜)」+「つ(区分・所属)」+「ちとり(辿り・千鳥・渡鳥)
[2]
はまつ(放つ)」+「ちとり(辿り・千鳥・渡鳥)

「ちとり(千鳥)」は「行き来する鳥・渡り鳥」の意。

  

10/07/11

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】