みかと  ミカト  mikato

  

【帝・御門】
正の方向に離れるさま。 頂点。中心。皇。 都。皇宮。朝廷。

ちちみかと やふさくるまの みゆきなす かみもけかれの あるやらん』ホ15
『もしひはらみこ うむものは みかとにつけよ したたみも たまものあるそ』ホ32
『みたりみかとに つけもふす ゆめにかみあり たたねこお』ホ33
みかとにもふし みことのり みかさのをとと いわひぬし』ホ36
みかとにささけ ことことく まつらふかたち もふさしむ』ホ39

全部見る 

 
みかつ(厳つ)」の名詞化。
「みかつ」は「みく(熟く・満く)」と同義語「かつ(上つ・勝つ)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「みこと(命・尊)

 
 

【御門】
かと(門)の尊称。皇宮の正門(南門)。

さのみかと はしらはみそき ははみたけ たかさもみたけ』ホ21

 
み(御・上・敬)」+「かと(門)

類語:「おおと(央門・大門)」「きみかかと(君が門)」「からふかと(枯生門)

  

10/02/15

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】