たかま  タカマ  takama

  

【高天】
正の方向に離れる所。 高み。頂。中心。

たかまなるあや やまくいの たかまおこえは』ミ6

1.天空の中心部。中軸。九座
2.地における1のコピー。中心。中央政府。御上。都。 =あめ(天)

『はこくにのかみ ひたかみの たかまにまつる みなかぬし』ホ2
たかまに あめみをや もともとあなみ みそふかみ まつれはたみの とよけかみ』ホ4
『うちをさめたる おもむきお あめにつくれは たかまには ゆつうちならし』ホ9
たかまはたみの ゑみすたゐ いとかけまくそ みことのり』ホ10
たかまのはらの かりみやに おひたまわれは もろかなも ひたちのみやと』ホ16

全部見る 

3.2において政事を執り行う宮。上臣による会議の場。特にかくみや(橘宮)

『まちたまえ のちかえさんと もちかえり たかまにいたり もろにとふ』ホ1
『もろかみの たかまにまつり はかるのち つはものぬしか』ホ3
『もろかみの かみはかりなす たかまにて』ホ4
たかまにて かなさきとわく こくみいふ』ホ7
『ねのくにの しらひとおめす たかまにて かなさきとわく』ホ7

全部見る 

4.譲位後のアマテルの座所。イセ。

たかまにのほり もろともに これうかかえは みことのり』ホ16

 
たかむ(高む)」の名詞化。
「たかむ」は「たく(焚く)」と同義語「かむ(上む)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「たかみ(高み)」「あめ(上・天)」「みやこ(都)
類語:「かつら(桂)
関連語:「ひたかみ」「あめ(天)」「さこくしろ」「あまのはら」「もとあけ

   

10/03/08

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】