かつら  カツラ  katura

  

【桂・葛・蔓・鬘】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま
 ●上。高み。頂き。天。表。 貴いもの。尊者。 中央。タカマ

『かつらきやまの やちみそき すみていとりの てくるまお つくりかつらの むかいとて』ホ4
『つきはおおとし くらむすひ つきはかつらき ひことぬし
ホ9
『あめわかひこか かとのまえ かつらのすえに しわさみて』
ホ10
『はらみのおひは かつらきの よつきやしろに みたねのる』ホ16
『かたきくにつこ つるきねか めのかつらひめ うちきさき』
ホ31
『まつはおならし すきはしら むねおかつらに ゆひあわせ』ミ8
かつらきの てくるまなして むかえんと はらみやまとに つたゑよる』ミ逸

 ●桂は「陽・天・男」を象徴する。⇔ あおい(葵)
 桂と葵の葉はよく似るが、桂の木は天高く聳えるのに対し、葵は地表近くに留まることから。

『かくつちと みつはめおうむ あおいはと かつらにいせの みことのり』ホ24
『うかやあおいかつらのあや』ホ26
『またこれいかん かつらはそ いつれかくるや またかけす』ホ26
『ときにひめ かえしはあおひ きみかつら かみにつつみて みひきくさ』ホ26

 
かつる(活る)」の名詞化。
「かつる」は「かつ(上つ・活つ)」と同義語「つる(吊る・尽る)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「かつみ(勝見)」「くちら(鯨)」「がっちり」
類語:「かた(葛)」「くす(葛・国栖)
こせ(巨勢・居勢・古瀬・御所)

  

10/10/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】