たかまのはら  タカマノハラ  takamanohara

  

【高天の原】
1.根源神アメノミヲヤの治める領域。全宇宙。

『そらはたかまの はらのうち めはなにしるも ひつきほし』ホ17
たかまのはらの かんつかさ あまてらします ををんかみ』ホ22
『ここもたかまの はらなれは よよにちかふる のりこちに』ホ22
『そとはたかまの はらまわり ももよろとめち ほしまては そゐやちとめち』ミ6

 ●天上界。天空。 =あまのはら(天の原)さこくしろ(賢釧)

『よそこのかみは あにかえり もとのたかまの はらにあり』ミ6
『むねはたかまの はらまても ちきたかしりて さわりなし』ミ8

2.地における1のコピー。 和つ君の坐す領域。都の圏。(トヨケ・オシホミミの時代)

たかまのはらの かりみやに おひたまわれは もろかなも ひたちのみやと』ホ16
たかまのはらの ををみやめ とよはたすけや ここたえの』ミ逸

 
たかま(高天)」 の 「はら(原・治)
「たかま」は「中心・都」などの意。
「はら」はここでは「範囲・区画・空間・領域・圏・周辺」などの意。

類語1:「あまのはら(天の原)」「さこくしろ(賢釧)」「もとあけ(元明)」「ふゆのかかみ(振の鏡)」「はらの(原野)
類語2:
みはた(御端)」「ゐはた(斎端)」「とよはた(豊端)」「たくはた(卓端)」「おおはた(大御端)

  

10/03/22

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】