ふゆのかかみ  フユノカカミ  fuyunokakami

  

【(振ゆの鏡)】
回転する環。天球。(サコクシロの別表現)

『さをしかに きよめたまひて さこくしの ふゆのかかみに いるとおもゑは』ホ28

 
ふゆ(振ゆ)」 の 「かかみ(鏡)
「ふゆ(振ゆ)」は「ふゆ(振ゆ)」の名詞化。ここでは「C: 回る・回転する」の意。
「かかみ」はここでは「円い形の物・環・輪」を表す。

類語:「さこくし(賢釧)」「さこくしろ(賢釧)」「たかまのはら(高天の原)」「あまのはら(天の原)」「もとあけ(元明)

  

10/07/21

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】