かかみ  カカミ  kakami

  

【鏡・鑑み】【(明暗見・陽陰見・日月見)】
1.合わせ。収め。映し/写し。比べ。
2.陽陰(日月・魂魄・神)の合わせ。和し。調和。中和。直し。

『いしこりとめか ますかかみ いつくりすすむ』ホ4
『せおりはまふつ やたかかみ あきつくさなき やゑつるき』ホ8
『くしきねあわの さささきに かかみのふねに のりくるお とえとこたえす』ホ9
かかみはみやの みはしらに かみおまねくの やたかかみホ17
『うおのめと かわるひとめの うらかかみ ひたりにもては みきにみゑ』ホ17

全部見る 

 ● 三種宝の一、やたかかみ(八咫鏡)の略。

『わかこころ さきにかかみは おしくもに またやゑかきは わにひこに』ホ27
かかみはかあひ やゑかきは わけつちみやに あつけおく』ホ30
『あめとみは わけつちみやの つるきもち あたねはかかみ もちのほる』ホ30
『あたねはかかみ あめとみは やゑかきもちて あめたねこ くしみかたまに』ホ30
『をのむくは ほことかかみお あらかしめ むかうあたなく たたにをさまる』フをむく

 ●「身の鏡」の略。 =中子

『をのおれは くもるかかみも あからさま おれすはねすみ なこやかむらん』フをおれ

 ● かかみをみ(明暗見臣)の略。

『かたちはやたみ くひはきみ かかみはたはね つるきかは もののへはあし』ホ24
『かたちはやたみ くひはきみ かかみとつるき まてのはね もののへはあし』ホ30

3.鏡のようなさま。ギラギラ光るさま。平坦で光を反射するさま。田に水を張った様子。

『みのたけそなた つらかかち はなたかさなき めはかかみホ24
『みおのちわきも たはここに これかかみなり かりみやお みつほとなつく』ホ24

4.鏡のような円形。環。輪。

『さをしかに きよめたまひて さこくしの ふゆのかかみに いるとおもゑは』ホ28

 
[1]
かかむ(抱む)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・収(治)まる/収(治)める・写る/写す・比べる」などの意。
[2]
かか(明暗・陽陰・日月・魂魄)」+「み(見・合)

独り言:鏡は基本的に2枚で1組だったのではないかと考えている。1枚を左手に持って日(陽)に擬えて表鏡とし、もう1枚を右手に持って月(陰)に擬えて裏鏡とする。

 
類語:「ます(真澄)」「まふつ」「ひよみ(日夜見・明暗見・陽陰見)」「かよみ(日夜見)」「こよみ(日夜見・暦)
かすかかみ(上下和み)」「こことむすひ(上下結び)あまのこやね(天地の交和)

 
 

【屈み・鏡(山)】<地名>
(土を削られて)低くなったさま。鏡山。

『たけやかかみの みおのつち つむみかみやま いせきつく』ホ24

 
かかむ(屈む)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

  

10/02/02

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】