ふふ  フフ  fufu
ふゆ
  
フユ  fuyu

  

【(和ふ・付ふ・触ゆ・生ふ・映ゆ)】
A: 合う/合わす。当たる/当てる。収(治)まる/収(治)める。直る/直す。

変態:「はふ(生ふ)」「はゆ(映ゆ)」「ふる(触る)」「ふむ(踏む)
派生語:「おふふ(負う)

 
 

【(吹ゆ・放ゆ)】
B: 離れる/離す。放つ。祓う。発す。

変態:「はる(遥る)」「ひる(放る)」「ふる(狂る)」「ほる(放る)

 
 

【振ゆ】
C: 回る/回す。行き来する/させる。揺れる/揺らす。伝える。めぐらす。恵む。

変態:「ふる(振る)」「ゆる(揺る)」「よる(撚る)」「うる(売る)」「おる(折る)
派生語:「ふゆ(振・恩頼)」

 
 

【増ゆ・殖ゆ・振ゆ・(栄ゆ)】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」

『にはりのみやの そやよろに にいたみふゑて』ホ序
『ゐゑもさかえて そろふゆる みつほとなせる かみうたそ』ホ17
『むかしなる あおひとくさも そにふゑて みちおふれても とときかね』ホ23
『つらつらと おもせはたみの ふゆるほと たはまさぬゆえ かてたらす』ホ24
『としとしに みのりもふえて くにゆたか ことしうえつけ てれとよし』ホ25

全部見る 

 
変態:「はる(張る・晴る)」「はゆ(栄ゆ)」「ふる(振る)」「へる(経る)」「ほむ(褒む)
派生語:「ふいこ(鞴)」「ふやす(増やす)

 
 

【(降ゆ)】
E: 負の方向に離れる/離す。「落ちる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」

変態:「ふる(降る)」「ひゆ(冷ゆ)」「はゆ(蝕ゆ)」「へる(減る)
派生語:「ふゆ(冬)」

 
 

【(振ゆ)・恩頼】
1.回し。めぐらし。分け与え。恵み。施し。

『うつしくに やめるおいやし とりけもの ほおむしはらひ ふゆおなす』ホ9
『たまふあそへの あかるみや あふゆおうくる おほなむち』ホ10
『みほこおうくる やまとたけ むかしみたまの ふゆにより くまそおむけぬ』ホ39
『いまもまた みたまによりて ふゆおかり あたのさかいに ゆきのそみ』ホ39
『なるみちお をさめおさむる ひとのみは ひつきのふゆに やしなわれ』ミ1

全部見る 

2.回り。回転。丸まるさま。環。輪。くしろ

『さをしかに きよめたまひて さこくしの ふゆのかかみに いるとおもゑは』ホ28

 
「ふゆ(振ゆ)」の名詞化。
ここでは「C: 回る/回す・めぐらす・分け与える・恵む」などの意。

類語:「めくみ(恵)めくり(恵り)」「めか(恵・冥加)ほとこし(施し)」「ふるまい(振舞)」
派生語:「みたまのふゆ(恩賚・恩頼)」

 
 

【冬】
E: 負の方向に離れるさま。「落ちる・勢いを失う・劣る・静まる・果てる」さま  10〜12月

『みふゆかみおき はつひもち あわのうやまひ』ホ1
『ゐとしふゆ をははかまきる めはかつき』ホ1
『きははるわかは なつあおは あきにゑもみち ふゆおちは』ホ1
ふゆにわと ひたそこにあり つにむきて ねまくらにふせ』ホ21
『はりのねはふゆ うつきすえ すえはつくへし ねにつくな』ホ21

全部見る 

 
「ふゆ(降ゆ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」などの意。

変態:「ひえ(冷え)

  

10/03/03

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】