たくはた  タクハタ  takuhata

  

【栲機】
組み合すこと。機織り。

『あきかせつけて まをまゆみ ゐとおつむきて たくはたや』ミ9

 
「たくはつ」の名詞化。
「たくはつ」は「たく(集く)」と同義語「はつ(泊つ)」の合成。

ここでは「A: 合わす・組む・織る」などの意。

男女の役割分担として、男は表技に務め、女は内を治めて機を織るべきだという。 『機を織る』というのは「まっすぐな経糸 (主・日・男) に、緯糸 (従・月・女) を隙間なくぴったり添わせて通す」ということであり、これは女が男に「ぴったりと添って一筋を通す」=「操を立てる」ことを象徴する行為となる。

類語:「おりはた(織機)

 
 

【卓端】
貴き領域。尊き区画。

『かうのたくはた ちちひめと そふのつほねも そなわれは』ホ11

 
たく(卓)」+「はた(端・傍)

類語:「とよはた(豊端)」「ゐはた(斎端)」「たかまのはら(高天の原)」「みはた(御端)」「おおはた(大御端)

  

10/03/15

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】