みはた  ミハタ  mihata

  

【御端・御傍】
大いなる区画。賢き区画。禁中。

みはたより さおしかにめす かんさひと こくみははこと』ホ7

 
み(上・神・御)」+「はた(端・傍)
「はた」はここでは「区分・区画」の意。

同義語:「おおはた(大御端)」「とよはた(豊端)」「たくはた(卓端)」「ゐはた(斎端)」「たかまのはら(高天の原)」「みもと(御許)
類語:「ををうち(大内)」「うおち(大内)」「をうち(大内)」「おうち(大内)」「おおおく(大奥)」「みうち(御内)」「みやうち(宮内)」「おなか(央中)」「みなか(御中)」「うちみや(内宮)」「なかのわ(中の環)」「さこくしろうち(賢釧内)」「こゑうち(環内)」「たまかきうちつ(玉垣内方)」「かしこところ(賢所)

 
 

【御機・御旗・御幡】
はた」の敬称。

 ●君の執るマツリ(纏り・政)。 =うなめこと(大嘗事)よろのまつり(万の政)

『そのきみの よろのみはたの まつりこと をさむやすみの たみはやた』ホ17
『かといてに みはたのとめの をんふみお みまこにたまひ』ホ24
『あまきみは みはたのふみお みてつから をみこにゆつり』ホ27
『もときねお よつきとなして みてつから みはたをりとめ さつけまし』ホ32
『あつたかみ つけてきみには かくみはた をさせたまへは』ミ序

 ●織り成した物・編んだ物 の敬称。 ヲシテしるし(記・璽)

『みくさたからの あまをしか やとよのみはた たかみくら』ホ38

 ●あや(文)ふみ(文)をしゑ(教え) の敬称

『こもりにこれお とはしむる ひめきみあひて みたねうむ みはたおこえは』ホ16

 ●かくみはた(橘御機)の略。

『やまとたけ かみにかえさの のこしふみ きみはみはたお そめませは』ミ序

 
[1]
「みはつ」の名詞化。
「みはつ」は「みふ(見ふ)」と同義語「はつ(泊つ)」の合成。
ここでは「A: 合わす・収(治)める・留める」などの意で、「はた(機)」と同じ。
[2]
み(上・敬・御)」+「はた(機)

変態:「おおなゑこと(大嘗事)」「うなめこと(大嘗事)」「きみのまつり(君の政)「あのはら(天の治)」「よろのみはたのまつりこと(万の御機の政事)」「よろのまつり(万の政)」「よのまつり(万の政)」「よよのまつり(万の政)」「よろはた(万機)」「とよへるはた(豊綜る機)」「へのはら(舳の治)

  

10/05/30

   

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】