【原文カタカナ訳】      【語義考察】           【漢字読み下し】
 クニナツカノフ        くになつのふ          クニナツが展ぶ
  
 カミカヨノ トホコノミチモ  かみかよの とほこのみちも    上が代の     経矛の道も

 ヤヤサカフ カレオヲサムル  ややさかふ かれをさむる    やや倒ふ     枯れを治むる

 ヤマトタケ カミニカエサノ  やまとたけ かみにかえさの    ヤマトタケ    神に還さの

 ノコシフミ キミハミハタオ  のこしふみ きみみはたお    遺し文      君は "御機" を
                                    <により> (景行天皇)

 ソメマセハ トミモミカサノ  そめませは とみみかさの    染めませば    も "ミカサの

 フミオソム ヲオタタネコモ  ふみおそむ をおたたねこも    " を染む    オオタタネコも

 ホツマフミ ソメササクレハ  ほつまふみ そめささくれは    "ホツマ文"    染め捧ぐれば

 ミクサノリ ソナフタカラト  みくさのり そなふたからと    三種法      具ふ宝と

 ミコトノリ          みことのり            御言宣
  
       シカレトカミヨ        しかれとかみよ             然れど上代

 ヰマノヨト コトハタカエハ  ゐまと ことはたかえは    今の代と     言葉違えば

 ミチサカル コレモロイヱノ  みちさかる これもろいゑの    道離る       これ諸家の

 ツタエフミ イマノテニハニ  つたえふみ いまてにはに    伝え文      今の "てには" に
                                    <を>

 ナツラエテ カタチトワサト  なつらえて かたちわさと    擬えて      形と技と
                                    <も>

 ソノアチオ トクトヱサレハ  そのあちお とくされは    その味を     篤と得ざれば

 ミチノクオ ユキタカフカト  みちのくお ゆきたかふと    道奥を      行き違ふかと

 オソルノミナリ        おそるのみなり          恐るのみなり
  
  
 マキムキノ ヒシロノヰソミ  まきむきの ひしろゐそみ    マキムキの    ヒシロの五十三年

 トシツミヱ ホツミハツヒニ  としつみゑ ほつみはつひに    年ツミヱ      八月初日に
                              ホツマではツミヱは五十六年

 ミカサトミ イセノカンヲミ  みかさとみ いせのかんをみ    ミカサ臣     妹背の神臣

 ヲオカシマ フモヰソナトシ  をおかしま ふもゐそなとし    ヲオカシマ    二百五十七歳
                                           ホツマでは247歳

 ササクハナヲシ        ささくはなをし          捧ぐ餞押
  
  
  
  
 ミカサフミ ササケタマフオ  みかさふみ ささけたまふお    ミカサ文     奉げ給ふを

 ミワノトミ ミチホメイワク  みわのとみ みちほめいわく    ミワの臣     道 褒め曰く
  

 アメツチモ ヒラケテカミモ  あめつちも ひらけかみも    天地も      開けて上下も

 メヲモワケ ヒモツキモナリ  めをわけ つきなり    陰陽も分け    日も月も生り

 コヨノホシ アメトコタチト  こよのほし あめとこたちと    九節の星     アメトコタチと

 ワノソヒモ アシカヒヒコチ  わのそひも あしかひひこち    地の十一も    アシガヒヒコチ
                                       <生る>         <や>

 トコタチノ ミヨハミホカミ  とこたちの みよみほかみ    トコタチの    代は陰陽尊
  
  
 フタハシラ マツルトホコノ  ふたはしら まつるとほこの    二柱       政る経矛の

 ミチアレト アマテルカミノ  みちあれと あまてるかみの    あれど      アマテル神の

 ヤタカカミ ツクリミクサノ  やたかかみ つくりみくさの    ヤタ鏡      創り 三種の

 カンタカラ アメノミマコニ  かんたから あめのみまこに    尊宝       陽陰の御孫に
                                           (ニニキネ)

 トオサツケ ヤマトヲサムル  さつけ やまとをさむる    を授け     'ヤマト治むる
                                             和を調える

 ミカカミハ コヤネニサツク  みかかみは こやねにさつく    御鏡は      コヤネに授く

 カミノムネ ホコノミナモト  かみのむね ほこのみなもと    神の宗'      の源
                                  陽陰の源

 ヲコノカミ          をこのかみ            皇籠の尊
                                 (クシヒコ)
  
       シカレトミチモ        しかれとみちも             然れど道も

 モロイヱニ ツカサタカエハ  もろいゑに つかさたかえは    諸家に      造作 違えば

 ホツマフミ アラワストキニ  ほつまふみ あらわすときに    ホツマ文     著す時に

 アツタカミ ツケテキミニハ  あつたかみ つけきみには    アツタ神     告げて君には
                                            (景行天皇)

 カクミハタ ヲサセタマヘハ  かくみはた をさたまへは    "橘御機"     押させ給へば
                        (尊敬)

 カカミトミ フモトヤシロノ  かかみとみ ふもとやしろの    鏡臣       麓社の
                                (オオカシマ)  <御笠山>

 フミササク ワレモアクレハ  ふみささく われあくれは     奉ぐ      我も上ぐれば
                                         (タタネコ)

 ミコトノリ          みことのり            御言宣
  
       ミクサノミチノ        みくさのみちの             「三種の道の

 ソナワリテ サチヱルイマト  そなわりて さちゑるいまと    具わりて     幸得る今」と

 ノタマエハ オノオノミヲヤ  のたまえは おのおのみをや    宣給えば     各々上祖

 マツルヘシ ホスエサカエル  まつるへし ほすえさかえる    祭るべし     穂末栄える
                                            (「栄ふ」の連体形)

 ソノミチハ ミカサフミナリ  そのみちは みかさふみなり    その道は     ミカサ文なり

 アマテラス カミヨリサツク  あまてらす かみよりさつく    和照らす     神より授く

 ミチノクノ フミウヤマイテ  みちのくの ふみうやまいて    道奥の      文 敬いて

 トモニササケツ        ともささけ          共に奉げつ
  
 ヲオミワノ タタネコカトシ  をおみわの たたねことし    ヲオミワの    タタネコが歳

 フモミソヨ ツツシミノヘテ  ふもみそよ つつしみのへて    二百三十四    謹み展べて

 ソエルハナヲシ        そえるはなをし          添える餞押
                                (「添ふ」の連体形)

  

  

 最終更新:2016/07/11

   

 リンク先の説明文中
 ★印のついたものは他の文献・サイトからの引用。
 ■印のついたものは筆者の個人的な意見です。

  

  

 【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
 【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
 【ホツマツタエのおもしろ記事】