かくみはた  カクミハタ  kakumihata
みはた  ミハタ  mihata

  

【橘御機】
ヤマトタケの遺言により景行天皇が自ら著した文。
(ホツマツタエミカサフミと合せて三部作となる)

『やまとたけ かみにかえさの のこしふみ きみはみはたお そめませは』ミ序
『あつたかみ つけてきみには かくみはた をさせたまへは』ミ序

 
かく(橘)」+「みはた(御機)
「かく(橘)」は「たちはな」ともいい、「立ち上げ・興隆」の意の物実
「みはた」はここでは「皇の政・万機」の意。

「かく」は「かくのふみ(橘の文)」を、「みはた」は「みはたのふみ(御機の文)」を指すと思われる。
「かくのふみ」はアマテルが「陽陰の道」を学んだ文という。別名「あめなるふみ(陽陰和る文)」。
「みはたのふみ」は皇位継承の璽として伝授される「三種宝」の一つ。
この2文書は同一である可能性が高い。

『われむかし あめのみちゑる かくのふみ みをやもあみお』ホ27
みつのたからの そのひとつ あめなるふみの みちのくそこれ』ホ23

類語:「かくのふみ(橘の文)」「みはたのふみ(御機の文)」「あめなるふみ(陽陰和る文)」「みをやもあみ(上祖百編)」「もものをして(百の押手)」「くにおしらするもものふみ(地を領らする百の文)」「かんをして(上押手)

 

10/03/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】