みはたのふみ  ミハタノフミ  mihatanofumi

  

【御機の文】
政の文。(内容はアメナル文であるらしい)

『あまきみは みはたのふみお みてつから をみこにゆつり』ホ27

 
みはた(御機)」 の 「ふみ(文)

類語:「みはたのとめのをんふみ(御機の留の御文)」「みはたをりとめ(御機織留)かくのふみ(橘の文)」「かくみはた(橘御機)」「あめなるふみ(陽陰和る文)」「みをやもあみ(上祖百編)」「もものをして(百の押手)」「くにおしらするもものふみ(地を領らする百の文)」「かんをして(上押手)

  

09/11/25

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】