かく  カク  kaku

  

【(和く・交く)・嗅ぐ・書く・掛く・構く】
A: 合う/合わす。交じる/交える。収(治)まる/収(治)める。組む。比べる。

『おもえらく はしかけなくて むすふやは 』ホ1
『なんちくにゑお うつすへし やまとめくりて みなゑかくホ6
『おろちにむつの ゆつかけて やくもうちとそ なつくなり』ホ9
『やすやすと さくらのははの みとりこお かつてにかけて いてやうません』ホ14
『そのにむかえは こゑかくる てこにいれきて すすなしる』ホ15

全部見る 

 
変態:「きく(聞く・利く・効く)」「こく(扱く)
派生語:「かかる(掛かる)」「かかふ(抱ふ・考ふ)」「かかなふ(考なふ)」「かんかみる(鑑みる)」「かこむ(囲む)」「かこ(籠・加護)」「かき(垣)」「ゆかけ(弓懸)」「かきる(限る)」「ゑかく(描く)」「かかち(案山子)」「まかこ(籬)

 
 

【(離く・画く・放く・曲く)・欠く】
B: 離れる/離す。放つ。分れる。限る。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

変態:「こく(放く・曲く)」「くく(漏く)
派生語:「かこ(籠・加護)」「かき(垣)」「かくす(隠す)」「かきる(限る)」「まかこ(籬)」「かかす(欠かす)」「かかむ(屈む)」「かかち(蛇)

 
 

【(回く)・掻く・駆く】
C: 回る/回す。行き来する/させる。動く/動かす。バタバタする/させる。改まる/改める。

『ともしひの かきたてあふら へることく ほかちいのちの あふらへる』ホ15『ほおあけて おきはしるめは おほそらお はるかにかけり』ホ20
『にはりわたりは かきくもり はたたかみなり かきやふる』ホ21
『われさきに はなおかさして かけとほる これゑなのあや いみななす』ホ24
『ほのあかり とくさたからに かけめくり そらみつやまと あすかみや』ホ28

 
変態:「きく(帰く)」「こく(漕ぐ)
派生語:「かたかき(葛掻き)」「かける(掻ける・駆ける)」「かこ(水夫)」「さきかけ(先駆け)」「めかけ(妾)」「かけひ(懸樋)」「まさかき(回掻き・真榊)

 
 

【(上く・明く・芳ぐ・翔く)・駆く】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・至る・中心にある」

『みきはををやま かくつみの ときしくかくの いわひうた』ホ14

 
変態:「きく(利く・効く)」「こく(漕ぐ・焦ぐ)
派生語:「かく(橘)」「かかやく(輝く)」「かくつち(迦具土)」「かけまく(懸けまく)」「みかく(磨く)」「かきたつ(掻き立つ)」「かかく(掲ぐ)」「かかる(篝る)

 
 

【(転く・倒く・痩く)・欠く】
E: 負の方向に離れる/離す。「低まる・端にある・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」

『いつもやゑかき おほなむち みつれはかくる ことはりか』ホ10
『ほそのをとなる みはしらの ほとよくおもり めくりかけホ14
『たかやしかくと きこしめし いせにはんへる みこのおと』ホ20
ひまかくゆえに たもあれて たとひみのれと とほしくて』ホ23
『なんちよおすて みちかくや ひめはおそれて かかねとも』ホ26

全部見る 

 
変態:「こく(転く・倒く・痩く)」「くく(潜ぐ)
派生語:「かかち(痩霊)」「みつれはかくる(満つれば欠くる)

  
 

【斯く・是く】
このように。この通りに。

かくみこころお つくしうむ ひひめみをかみ』ホ3
かくひおつみて みたまいる かとはちりけの あやところ』ホ4
『うるわしや かくなささらは ちかふへお ひひにくひらん』ホ5
かくみたひ きもにこたえて なさけより さすかにぬるる いふきかみ』ホ9
かくのをしゑに みちひきて たみもゐやすく にきはせて』ホ17

全部見る 

 
「しかし(然し・爾し)」の連用形「しかく(然く・爾く)」の「し」が省かれたもの。
しか(如・確・然)」+「し(形容詞語尾)
「しか」は「しく(如く)」の名詞形で、「ちか(近)」の変態。
ここでは「A: 合う・似る・匹敵する」などのの意。

類語:「ことく(如く)
派生語:「かかる(斯かる)

  
 

【橘・芳・香・香具・香久】
正の方向に離れるさま。「立つ・上にある・先にある・優れる・至る・根源にある・主導する」さま

『まこほのあかり かくやまの あすかのみやに をわします』ホ序
『たかみむすひと くにすへて とこよのはなお はらみやま かくやまとなす』ホ4
『さのとのに たちはなうゑて かくのみや きにさくらうゑ うおちみや』ホ6
『わさおきうたふ かくのき かれてもにほゆ』ホ7
『われむかし あめのみちゑる かくのふみ みをやもあみお』ホ27

全部見る 

 ●たちはな(橘)の別名。 
  =とこよのはな(疾代の木)
くにとこたちのみよのはな(国常立の御代の木)

『みかたひれきて かくいれて うちこほさせは』ホ8
『ほらかゐふかせ まひれけし かくむさほらせ これおうつ』ホ8
『ふそゐすす こそみゑとしの さあゑなつ かくゑしほみて』ホ10
『こそほきさはひ みことのり かくおもとめに たしまもり』ホ37
『ことはしめとて しはすやか かくかこたてて しるしとす』ホ39

全部見る 

 ●=サカムノオノ(相模の小野) 相模国の別名。(マウラが新田を開発して橘を植えた)。

かくきみか はなたちはなは かれかつま おしやまやりて よはしむる』ホ37
かくのやかたに みちおきく もとひこいわく くにしるの みちはいにしえ』ホ38
『ことはしめとて しはすやか かくかこたてて しるしとす』ホ39

 
「かく(上く・芳ぐ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、
「立つ・上にある・先にある・優れる・至る・根源にある・主導する」などの意。

類語:「たちはな(橘)
派生語:「かくやま(橘山/香具山)」「かくのみや(橘の宮)」「かくゑ(橘枝)」「かくつ(橘果)」「かくのみ(香菓)」

 
 

【迦具・(輝・焦・明)】
D: 正の方向に離れるさま。火炎。燃焼。

『みくまのの みやまきやくお のそかんと うむほのかみの かくつちに』ホ5

 
「かく(上く・明く
)」の名詞化。

変態:「こけ(焦げ)」「かか(輝・明々・赤々・篝)
派生語:「かくつち(迦具土・軻遇突智)

  

10/03/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】