とよへるはた  トヨヘルハタ  toyoheruhata

  

【豊綜る機】
「数多く縫う機」の意で、「和つ君の行う政事・大嘗事」をいう。

『これをして とよへるはたの つつねにそなせ』ホ27

 
とよ(豊)」+「へる(綜る)」+「はた(機)
「とよ」はここでは「数が多いさま」を表す。
「へる」はここでは「A: 合わす・交える」の意で「ぬふ(縫う・貫ふ)」の同義語。

別名:「きみのまつり(君の政)「あのはら(天の治)おおなめこと(大嘗事)」「よろのみはたのまつりこと(万の御機の政事)」「よろのまつり(万の政)」「よのまつり(万の政)」「よよのまつり(万の政)」「よろはた(万機)

  

10/07/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】