かひ  カヒ  kahi
かい  カイ  kai
かゐ  カヰ  kawi

  

【(和ひ)・交い・掛・懸・蓋・介】
合わせ。交え。結い。織り。掛け。

『ひとくさの みけもこかひも みちなして わいためさたむ いさおしや』ホ2
『またまゆふくみ いとぬきて こかゐのみちも をしゆれは』ホ15
『しとなめきつな むなかひも しほてにそえて』
ホ192
こかいもおなし くわのきは よもにさかえて ゑたもねも』ミ4
『ふのそのは をこぬのかみの こかひして なもこゑくにの ふそのゑるなり』フふその

 
かふ(和ふ・交ふ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・交える・結う・掛ける」などの意。

 
 

【(限・囲・皮)・垣・貝・卵・殻・骸】
1.囲み。隔て。限り。区分。区画。 垣。皮。殻。
2.硬い殻に覆われるもの。

ほらかゐふかせ まひれけし かくむさほらせ これおうつ』ホ8
『みるめあふかゐ ゆるはまお とえはなもなし』ホ11
『なこそしる ふつのみたまの ささむかひ かゐのはまくり あふみをち』ホ11
『みつはにふくむ ほなるかゐ みつうくうつほ ほなるうお』ホ15

 
かゆ(交ゆ/離ゆ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・収める・覆う・囲む」、裏を返して「B: 離す・隔てる・分ける・限る」などの意。

変態:「から(殻・骸)」「くり(栗)」「かめ(亀)」「こうら(甲羅)」「かわ(皮)」「かや(蚊帳)」
類語:「かき(垣・限・囲・牡蠣)」「まゆ(繭)」「はゐ(貝)
派生語:「ほらかゐ(法螺貝)」「あふかゐ(合貝)
独り言:「かい(界)」

 
 

【(通ひ・回・替・掻)・梭・櫂】
行き来。行き来させるもの。シャトル。回転。循環。

『めをふみわけて かひなくる をさめくらせて ゆふぬのも きぬもをるなり』ホ23
『よこへにわけて つうちひく かひぬきなけて をさめくる』ホ23
『このおきつひこ かもおみて かいおつくれは まこのしか ほわになす』ホ27

 
かふ(回ふ・通ふ・還ふ)」の名詞化。
ここでは「C: 行き来する/させる・回る/回す」などの意。

変態:「かえ(返・帰・還・通)」「こゑ(還)」「くわ(桑)」「かも(鴨)かり(雁)」「けり(鳧)
類語:「ひ(杼・梭)」「かき(掻き)」「こき(漕ぎ)」

 
 

【(上・萱・牙)・甲斐】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

 ●上。高み。上層部。表層部。 =かみ(上)

『みかつちか とらへてなくる あしかひの おそれてにくる しなのうみ』ホ10
『とかもより さわたりくるひ ほそたはや かひなおまかん とはすれと』ホ40
『なおそらさむく つきすえは かゐみなきそひ ややひらく』ミ7

 ● <地名> 甲斐の国。

『たけひおは ゆきへおかねて かひするか ふたくにかみと ことおほむ』ホ39

 
かふ(上ふ・高ふ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

諏訪・駿河・甲斐は元々は信濃の別名(何れの名も「標高の高い国・山の国」)だったが、時代と共に細かく分割されて行ったよう思われる。

変態:「かみ(上)」「かや(萱)」「かま(蒲)
類語:
「ちの(茅野)」あち(阿智・阿治)すわ(諏訪)」「するか(駿河)」「しなの(信濃)」「しのその(聳の園)
派生語:「あしかひ(葦萱・葦牙)

 
 

【(上・醸)・粥】
炊いたもの。熱くしたもの。熟したもの。
 ● (「上げる」の意から) 神に奉るもの。

『はつひには かゐとしるとそ うひちには つきことまつる』ホ15
『なつきひめ かゐもてあにの こといのる かれいゐのみや』ホ36
かみのりかゐは くろまめと うむきとすめと ななのよね かゐにかしきて』ホ38
『まめすめに さかめとななの よねかしき あまこのかみの みしるかゐホ38
『よにますことく みやすひめ きりひのかゐお もるひらへ』ホ40

 
かゆ(上ゆ・醸ゆ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「上げる・敬う・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・至らす」などの意。

変態:「かゆ(粥)
類語:「こわゐ(強飯・高飯)」「かしみけ(炊食)

 

10/08/22

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】