かき  カキ  kaki

  

【垣・(限・画・隔・牡蠣)】
1.収め。包み。囲み。サークル。
2.隔て。分け。限り。境界。柵。
3.分けられたもの。限られたもの。区分。区画。界。

『そのことのねは いさなきの かきのかたうつ いとすすき』ホ9
やゑかきはたも たまはれは ふたたひのほる あめはれて うやまいもふす』ホ9
『やくもたつ いつもやゑかき つまこめに やゑかきつくる そのやゑかきわ』ホ9
『ぬかおたまかき うちみやと これここのゑに くらふなり』ホ10
『よこしはたみよ ふくしかき むらとはならす わたそえて』ホ17

全部見る 

 
かく(交く/離く)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・収める・囲む」、裏を返して「B: 離す・分ける・区切る」などの意。

変態:「かこみ(囲み)」「かこ(籠・囲)」「かけ(崖)」
類語:「みかき(御垣)」「まかこ(籬)」「みつかき(瑞垣・密垣)」「さかひ(境・堺)」「はゐ(貝)」「かゐ(貝・卵)」「から(殻・骸)」「くり(栗)」「かめ(亀)」「こうら(甲羅)」「かわ(川・皮)
独り言:「かい(界)」「かく(隔・画)」

 
 

【(高き・上き・明き)・駆き】【(芳・香)】
正の方向に離れるさま/離すこと。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま
 ● 芳香。

『いまたさかりの かきつはた のちももよろお ふるもしる』ホ15

 
かく(上く・明く・駆く)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「高める・勢い付ける・栄す・熟らす・優らす・勝らす・至らす」などの意。

変態:「かく(橘・芳・香具)

  

10/06/06

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】