やゑかき  ヤヱカキ  yawekaki

  

【(汚穢垣)・八重垣】
汚穢の垣。汚穢の防御。

やゑかきはたも たまはれは ふたたひのほる あめはれて うやまいもふす』ホ9
『みよのをさまる たからもの なもやゑかきの つるきとそ』ホ23
『とみことみ おこりしのひて みちまもれ わかみのための やゑかきはこれ』ホ23
『うまれすなおに やまとちの をしゑにかなふ すへらきの やゑかきのをきホ23

全部見る 

 ●「やゑかきのをみ(八重垣の臣)・かきをみ(垣臣)」の略。 =オオモノヌシ

『やくもたつ いつもやゑかき つまこめに やゑかきつくる そのやゑかきわ』ホ9
『ついにくしたえ あらはれて やゑかきうちの ことうたそ』ホ9

 ●「やゑかきのつるき(八重垣の剣)」の略。

『またやゑかきは つにあつけ あらかみあらは よくむけて めくみやわせと』ホ11
『わかこころ さきにかかみは おしくもに またやゑかきは わにひこに』ホ27
『みかかみは ひたりおしくも やゑかきは くしみかたまに さつけおき』
ホ30
『かかみはかあひ やゑかきは わけつちみやに あつけおく』ホ30
『あたねはかかみ あめとみは やゑかきもちて あめたねこ くしみかたまに』ホ30

全部見る 

  
やゑ(汚穢)」+「かき(垣・限)

 
 

【(家重垣)・八重垣】
重なる家(和)の垣。国家の垣。国家の和の守り。 =モノノヘ

『やはやつならす ももちよろ かさぬるふしの やえかきそ』ホ23

 
や(家・和・結)」+「え(合・重)」+「かき(垣・限)

 
 

【(生え画・産画)】
出産のための区画。 =産屋

『やくもたつ いつもやゑかき つまこめに やゑかきつくる そのやゑかきわ』ホ9
『ついにくしたえ あらはれて やゑかきうちの ことうたそ』ホ9

 
やゑ(生え・産)」+「かき(垣・限・画)
「かき」はここでは「区分・区画」などの意。

  

10/06/08

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】