もののへ  モノノヘ  mononohe

  

【(守の侍)・物部】
1.君に仕えて民を治める者。家(統・和)を汚穢から守る垣。役人。 =とみ(臣)やゑかき(八重垣)

『またみかつちは かしまたち いつおあらはす もののへの』ホ10
もののへか めててつくれる かしまみや こやねとひめと いきすみや』ホ16
たけもののへら あれいつの のりゆみわさに よこしまお のそけはホ191
『のりゆみの いさおしたつる もののへお めくみたまひて』ホ191
もののへよもに つかわして あめますひとと そえふたり』ホ23

全部見る 

2.<姓>「モノを治める者」の意。タケヒトウマシマチに賜った姓。

 
もの(守)」 の 「へ(侍・部・衛・兵)
「もの」は「もり(守)」の変態。

変態:「もののふ
類語:「ものへ」「ものふ」「まもり(守り)」「みはり(見張り)」「はふり(侍り)」「もの(守)」「もり(守)」「ふし(付し・武士)」「さふらい(侍)」「やゑかき(八重垣)」「くにもり(国守)

  

10/03/19

 

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】