もの  モノ  mono

  

【物・者】<代名詞> 
1.〜に匹敵・相当する何か。〜の如き何か。 〜を表す形。ものざね

『いまめさるれは そのめくみ あめにかえりの もふてものホ序
『みやとのつくり おおやまと よろものうみて』ホ2
『もろかみの たかまにまつり はかるのち つはものぬしか』ホ3
『とよけにて あめみこひたす ものかたりホ4
けものにおとる つみひとそ さしめささくる ゆかりにて』ホ7

全部見る 

 ● 〜の如くである。 一般的な傾向を表す。

『これつよし きみはやさしく やわらかに ませはかかえて ととむものかな』ホ13
『あたはしるとき のりおつそ かねてをしゑは かなふものホ191
『ひとつらぬきの たつなひく あるしのままと なるものそ』ホ191
『ときほこふらは すみやかに とほらんものと つるきなす』ホ23
『しかのちは ひるおかみぬり さかいきに あたらしものと かたりたまひき』
ホ39

2.形は見えないが存在する何か。モノ。霊。魔。
 ●特に神に対して比較的低級な霊。 精霊。もののけ。

『あるまうかかふ おゑものお はらふはうたの こゑあまる』ホ1
『むかつひめより さをしかに うけものいのり よみかえす』ホ7
はたれのものの うくめきて さはいのこゑの おそろしく』ホ8
『みちものま しむにあつけて もろかえりけり』ホ8
『たかのには はけものいてて いふきぬし みやおたつれは しつまるに』ホ8

全部見る 

 
もぬ(模ぬ)」の名詞化で、「もぬ」は「まぬ(真似)」の変態。
ここでは「A: 合う・似る・匹敵する」の意。
つまり「もの」は「〜に匹敵・相当する何か」「〜の如き何か」を意味し、代名詞として使われる。「こと(如・事)」と同じ。

類語:「こと(如・事)」「かた(形)」「うつわ(器)」「うつわもの(器物)

  
 

【(守・忠)・物】
1.侍ること/者。仕えること/者。守り。まめ(忠)もののへ。

おおものぬしか ひのかみの ゐみなのあやお もろにとふ』ホ4
『もろかみの かみはかりして ものぬしか まくらことはの ゆゑおとふ』ホ5
『たけみかつちは なるかみに たけものぬしの かふつちと』ホ8
『またみかつちは かしまたち いつおあらはす もののへの』ホ10
『あかうらお ふなこつかさに あかまろと あかほしものお そえかこに』ホ20

全部見る 

2.「ものぬし」の略。

『おおたおは ひうかかんとの そえものと なしてむすめの みらひめお』ホ28

 
もぬ(守ぬ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・侍る・仕う・守る」などの意。

変態:「まら(守)」「まろ(守)」「もり(守)」「もろ(守)」「はへ(侍)」「はり(張り)
類語:「つき(付き)」「つかひ(仕い)」「つこ(仕)」「そえ(添え)」「さふらひ(侍)」「はふり(祝)」「みはり(見張)」「とへとめ (留)」「とみ(臣)」「あつかり(預り)」「まもり(守)」「ものへ(物部)」「へ(部)

 
 

【(曲/没)】
1.離れ。反り。曲り。逸脱。背き。
2.負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま

『なみはかしはの ものやから みなころしゑて ふそやほの』ホ38

 
もぬ(曲ぬ/没ぬ)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・反る・それる・曲る・外れる」、またその結果「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「ゑぬ(狗)」「ゑの(犬)」「おの(劣)」「ゐの(猪)」「おろ(愚)おれ(折れ)

  

10/03/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】