ものやから  モノヤカラ  monoyakara

  

【(曲族/没族)】
反り曲がった連中。逸脱した連中。 愚かな連中。

『なみはかしはの ものやから みなころしゑて ふそやほの』ホ38

 
もの(曲/没)」+「やから(族)
「もの」は
もぬ(曲ぬ/没ぬ)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・反る・それる・曲る・外れる」、またその結果「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

類語:「くせと(曲人)」「くるえと(狂人)」「すり(掏摸)」「さそ(擦)」「さすら(流離)」「ぬすひと(盗人)」「はたれ(外れ)」「ほゐと(蝕人・汚人)」「あふれもの(溢れ者)」「あらふるもの(散狂る者)」「しれもの(痴れ者)」

  

10/02/03

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】