やゑかきのをき  ヤヱカキノヲキ  yawekakinowoki

  

【(家垣の大き・汚穢垣の大き)・八重垣の翁】
国の家(和)を汚穢から守る垣の主。モノノベの司。 =モノヌシ

『うまれすなおに やまとちの をしゑにかなふ すへらきの やゑかきのをきホ23

 
やゑかき(
汚穢垣・家重垣)」 の 「をき(大き・翁)
「やゑかき」は「国家の和を汚穢から守る垣」の意で、これは「もののへ(守侍・物部)」を意味する。
「をき」は「大きなるさま/者・首領・司・主」などの意。

  

14/10/21

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】