おき  オキ  oki
をき  ヲキ  woki

  

【沖・(央き・奥)】
1.離れるさま。遠いさま。

『ほおあけて おきはしるめは おほそらお はるかにかけり』ホ20
おきつもは へにはよれとも さねとこも あたわぬかもよ はまつちとりよ』ホ24
『くまのむら いわたてこえて おきおこく つちかせふねお たたよはす』ホ29

2.正の方向に離れるさま。 中心。内奥。核心。要。深み。

『わかみやに むへそたてしと あめにあけ おきつのみやに かえります』ホ4
『ふたかみの おきつほにゐて くにうめと たみのことはの ふつくもり』ホ5

 
おく(放く/央く)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・発す・起る」、また「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・至る・中心にある・主導する」などの意。

変態:「おく(奥)
類語:「とおく(遠く)」

 
 

【(大き・熾・老・翁)】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・至る・中心にある・主導する」さま
 ●大いなるさま。優れたる者。 ●上流・上位の存在。老熟の者。親・祖。

わさおきうたふ かくのき かれてもにほゆ』ホ7
『いまふしみれは をきなかみ さかるこもりと くらふれは』ホ16
『うまれすなおに やまとちの をしゑにかなふ すへらきの やゑかきのをきホ23

 ●<地名>隠岐。(「おきみつこ」の「三子」に対して、その親・母体の意)

『いよあわふたな おきみつこ つくしきひのこ さとうしま』ホ3

 
おく(起く・熾く・老く)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・至る・中心にある・主導する」などの意。

類語:「をき(翁)」「をきな(翁)
派生語:「わさおき(俳優)

  

10/10/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】