いき  イキ  iki
ゐき  ヰキ  wiki

  

【(和・結)】
和合。調和。陽陰の和合・調和。
 ●アマテル。

『しかるのち みちこかうめる はらきねは いきつひこねそ』ホ6

 
いく(結く・和く)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・結ぶ」などの意。

 
 

【生き・活き】【(粋)】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・進展する・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま
 ● 活発。活動。経験。経年。 ● 陽。

『みなみむき あさきおうけて なかいきの みやのうしろお きたといふ』ホ1
『よもつの ひらさかは いきたゆるまの かきりいわ これちかえしの かみなりと』ホ5
いきのうち ほしおはなるる これはすすかそ』ホ13
『あめのうむたみ このことく なかいきみんと くいものの』ホ15
『みつましわりて こころいき なりてみつかふ つゆあふれ』ホ16

全部見る 

 
いく(活く・生く)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・進展する・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。これは陽陰の生成の過程で先に上って天となった「陽」の属性を表す。

変態:「いか(厳)いけ(活)」「いく(活)」「うき(浮き)」「おき(熾き)」「ゆき(幸)
類語:「みち(満ち・道)」「なからえ(永らえ)」「ことふき(寿)

 
 

【(往来)・息】
往き来。呼吸。回転。循環。運動。 循環する媒質。

『かんつはるなか はからんと かんいきよめは ををんかみ これしろしめし』ホ12
『みつのちこ てくるまのうち たもとした おきてたついき ましるゆえ』ホ12
『あめつちひとも わかさるに ういのひといき うこくとき』ホ14
『あたたまる ときにとつけは こおはらみ いきすこえみめ そなえうむ』ホ14
『ちあゆみのほる はにのいき のほるいかくり いゐのなり』ホ15

全部見る 

 ● アメノミヲヤの息。陽陰のエネルギー。 =陽陰恵み紗霧

あめつちつなく なかくしの いきにつきひの なかみちか』ホ192
『あめのみをやの なすいきは きわなくうこく あもとかみ』
ミ6
『なかのくたより はこふいき くるまのうてき ここのわの ひひきてめくる』ミ6
いきのかす よろみちむやそ ひとのいき ささなみもこれ』ミ6
『みをやかみ みてくらそむる はるあきの いきはくたより さきりなす』ミ6

 
いく(往く)」の名詞化。
ここでは「C: 往き来する/させる・回る/回す」などの意。
あるいは「いきき(往き来)」の音便短縮。

類語:「はなけ(放来)

 
 

【意気】
意思。意識。

『みつましわりて こころいき なりてみつかふ つゆあふれ』ホ16

 
い(結・意)」+「き(気)
「い」は「(己に)合わすもの・抱くもの・負うもの」「思い」などの意。
「き」は「見えないが存在する何か」「気配」などの意

 
 

【往・息】
一回転。一循環。一呼吸。一運動。男の左右の1歩。
 ●距離の単位。1イキ=(女の)3.6歩≒1.08m。

『とめちとは めのみそむふむ せはといき ももいきはまち』ミ6

 
「いき(息)」と同じ。

変態:「えき(駅)」

  

10/03/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】