みち  ミチ  miti

  

【道・路・途】
A: 合わすもの。乗る・則るもの。軌道。教え。法。典。範。手立て。法。経。秩序。制度。システム。
A: 合わすこと。結び。ゆえ。連続。途切れないさま。まとまり。収まり。治め。家督。
B: 離すもの。分かれ。分割。区分。区画。方。方向性。方法。次元。
D: 正の方向に離すもの。(目的に)至るためのプロセス。発展の過程。途中・途上。

『いそのはの まさこはよみて つくるとも ほつまのみちは いくよつきせし』ホ序
『よつきのかみは くにさつち さきりのみちお うけされは』ホ2
あめなるみちは めもあらす みつよをさまる』ホ2
『なもあかかたの とよくんぬ よよをさむれと としおへて みちつきぬるお』ホ15
『もしもむらくも かおうはひ みちにさわりの あらんとき』ホ22

全部見る 

 
みつ(見つ/罷つ/満つ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす」「B: 離れる/離す・分れる/分ける・区切る」、また「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

ホツマでは単に「みち(道)」と言う場合、大方は「和の道・調和の道」を言う。
これは「とのち(調の道)」「まとみち(円道)」「やまとのみち(和の道)」「とこよのみち(常世の道)」「あめなるみち(陽陰和る道)
いせのみち(妹背の道)」「ひつきのみち(日月の道)」「かみのみち(上下の道)」などさまざまに呼ばれている。

類語:「のり(法・典)」「すち(筋)ち(路・方)

 
 

【充ち・(見ち/満ち)】【御乳】
A: 合う/合わすこと。集え。調え。備え。調整・整備。
D: 正の方向に離すこと/もの。「上げる・敬う・尊ぶ・勢い付ける・栄す・中心に置く・至す」こと/もの

『うみてよの きみとみのみち とのをしゑ さかりもとらは ほころはす』ホ3
『あめつちも うちともすかに とほるとき やもよろみちの みことひこ』ホ14
『つねのおこなひ かみのみち あにかまつりも ねんころにこそ』ホ31

  ●活力・成長の素。糧。乳。

『たらちめの つかれにちしる ほそけれは ほいゐのかみの みちつひめホ4

 
みつ(見つ/満つ)」の名詞化。
「みつ」はここでは「A: 合う/合わす」、また「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「上げる・敬う・尊ぶ・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・中心に置く・至らす」などの意。

類語:「みつき(貢)」「いつき(斎)みけ(食)」「かて(糧)」「みけつ(御食つ)」「いゐ(飯)」「おち(御乳)」「ちち(乳)

 
 

【満ち・(至・瑞・蜜)】
D: 正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・至る・過ぎる・化ける」さま

『さかおかそえる みちたてて かのみもむそゐ あめのみちホ23
『しほつつか めなしかたあみ はるへらや みちひのたまは はてのかんかせ』ホ25

  ●熟成。至り。極み。頂点。昇華。化け。 熟し満ちて化けたもの。

『にしきおろちの しむみちや はるなははみち ゐそらみちホ8
『みたるきくみち ゐつなみち なるかみもとむ あゑのみちホ8
『ちわやより あめゑのみちか をんかみに ことかたらんと よはらしむ』ホ8
『よよにつたふる たけうちは ついになからふ みちとなるかな』ホ38
かたちとつとめ みちとみと よつのをしえも たたひとち』ミ1

全部見る 

 
みつ(満つ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る・過ぎる・化ける」などの意。

変態:「みつ(瑞・密・蜜)
類語:「つき(尽き)
つひ(遂・終)」「きわ(極・究)はけ(化け)

 
 

【(短・貧・惨)】
負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま

みつ(短つ・貧つ・惨つ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」などの意。

変態:「まつ(貧・拙)」
派生語:「みちか(短)
ちみち(地道)

  
 

【三千】
3,000。

●「やすくに」の千五百村の八百万民を治めるの司の数。

みちとみひこも もろこえに やもよろたみは ももちこえ』ホ17
みちもののへら しらゐしに つるきおかみて ものぬしか』ホ23
『ちゐもむら みなかうへあり いまこれお あわせてみちの かみをさむ』ホ23
みちりのたてに へかさりお かけてよつむつ ふみわくる』ホ23
『あまのこやねと ものぬしと まてにはへりて みちものへホ27

全部見る 

 
み(三)」+「ち(千)
「みつ(見つ/満つ)」の意がかけられる。

  

09/10/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】