いか  イカ  ika

  

【如何・奈何】
1.不特定多数の一つ。分割された物の一。区分。方向。方法。
2.1の特定を促す語。

いかんそきみお うまんとて ひのかみおうむ』ホ3
『まことなお ゐみなとたたゑ あねにみつ われはよつなり これいかんホ4
いかておそれん かんちから はらいのそかは おのつから』ホ8
『むたひたたかひ なしたれと まさくることは いかならん』ホ17
『よよのみをやの つきこなし そふのきさきも いかなるや』ホ27
『みことのり うけめくりうゆ みやのまえ きみおわさねは いかにせんホ28
『こよみなは いかかなさんや ときにひめ たらちをかみに かりいわは』ホ28
『みをかみひとめ そのほかに いかてかくにお うむやらん』ミ10

 
いく(行く・往く・避く)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・分れる・区切る」などの意。

変態:「うか(如何)」「わけ(分け)
類語:「なに(何)」「いつれ(何れ)」「とれ(何)」「たれ(誰)」「どう(如何)」
派生語:「いかん(如何ん)」「いかて(如何で)」

 
 

【厳・怒・(活)】【毬】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま  
 ●鋭いもの。突起。

『ちあゆみのほる はにのいき のほるいかくり いゐのなり』ホ15

 
いく(行く/活く)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

変態:「いき(活き・粋)」「いけ(活)」「うき(浮き)」「おき(熾き)
類語:「とけ(棘・研け・鋭け)

  

10/01/11

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】