い  イ  i

  

【結・和・故・謂・意・気】「いふ」の名詞化。 合わせ。結。ゆえ。 意識。意図。関心。

『あまさかる ひなつめのは たたせとひ しかはかたふち』ホ10
『みつましわりて こころいき なりてみつかふ つゆあふれ』ホ16
『われみるに ひといはかわる おこりかち へりにはかたく』ホ23
『さくらあらは わかはらみ あたたねならは はなしほめ』ホ24
のなわの ふみもとほれは いもをせも なかにたのみの いなわひくらん』フいなわ

全部見る 

【居・入・生】「いる」の名詞形。 合う・在る・居る・現ること(所)。 間。場。=ゐ

『めせはきさきに とかめられ ゆりひめとなり とのいせす』ホ31

【射・気・出・霊】見えないエネルギー。気持。関心。放射。気配。生気。元気。心。霊。魂。 =

『みやのなも くしいなたなり さほこくに かえていつもの くにはこれ』ホ9
『あめはにしる はにこたふ ひとはつけしる このみつに』
ホ17
『うたのなおしお こはしむる わかみやふたお とりみれは いいろよむうた』ホ31
『おうすみこして うたしむる おうすもうさく よきいてお あらはつれんと』
ホ38
『かたちけた あのまてのの なかにたつ くにたしなるる かみかたち』ミ7
『ゑなのはすけの めをあえは あおきおとりて おうくる』ミ7

全部見る 

【風】イの母音。風を表す。

『あうえお うつほかせほと みつはにの ましわりなれる みなかぬし』ホ18
『あはうつほ はかせうはほ えのみつと おのはにゐつね ましわりて』ミ10

【出・生・初・一】出づ。起る。発す。 =うい

いのいさの ことにやわらく ならわせや うなひこのふゑ もいなさふくらん』フいゐさ

【往・息】往き来。呼吸。 =いき

はふよろむち やもよそむ はらおひのゐも つつしみよ』ホ16


【弥・斎・偉・至・御・敬・上・大・秀・熟】正の方向に離れるさま。

『うらなひて つきかつらきの いとりやまホ4
いやまなる たかきはそひえ おりやせん おりによそうて ゐやまなるへし』フいやま
いのはらの みはたねはらむ ひたちをひ おひぬつるきの たからふるなり』フいはら

【生・活・勢・威】同上。

いのきにの きつさにとみの あらそひも つさをはやめて きにやにくらん』フいきに
いのちりの あらそうみつの くにのこと きみかひらへに ひきやちるらん』フいちり
いぬうなる とみはほこりて こはおこる はやるほとかや ほころひるらん』フいぬう
『いのむくは ほのあやまちと つつしみて のそみもにけの にやむくらん』フいむく
いのよろの たねはよわきも なかはしら もろもつくみも いよろなるへし』フいよろ

【率・将】いる(率る・将る)の名詞化。統べ・治め。=

『よろひきの いわおもなけて うつろいも ひしけはたまふ ふたつるき』ホ16

【埋・井・池】埋め。溜め。補い。

『くまのよろきの たにせんと おおたみしまか いかわなす』ホ24
『とこよいのくち やまかけの すくなみかみの たけかふに とりのついはむ』ミ2

【陰・女・妹】「いもいめ」の略。負の方向に離れるさま。

『まこかなす いとうけすてめ あかかたに くろそのつみと うむみこお』ホ24
のねせは のりにあふるる あおめらや わかめのなたも ゑもりなすらん』フいねせ
のそのは やなきさくらの ことよりも かすみにももの はなやおそらん』フいその

【忌・穢・卑・怨】同上。 負の方向に離れるさま。曲がり。ねじけ

のむくは ほのあやまちと つつしみて のそみもにけの いにやむくらん』フいむく
のゆんの あたはたちはな めはさくら やむもしなとの いゆんなすなり』フいゆん
のつるは はやこかをろち まつられて なるいわなかも みさほおちつる』フいつる

【夷】同上。  =ゑみし(蝦夷)

『かしはともへと なおたまふ おほひこのまこ いわかなり』ホ40

【五】

  

10/09/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】