いと  イト  ito
ゐと  ヰト  wito

  

【(甚・至・逸)】【(厳・稜威)】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま
 ●勢い・張り・気力・高さ・尊さ・放つもの・放射・光・・・

『たけひとは きみたるいとの あるゆえに あめよりつつく かみのみこ』ホ39

 ●<副詞的に> 甚く。至って。たいそう。全く。

『たかまはたみの ゑみすたゐ いとかけまくそ みことのり』ホ10
『ひめはかえして いといなや いろせにとはは あちもまた』ホ16
『もろのたまえは いめかみに いとありかたと ゑみすとき』ホ16
『つきのなも たえのおくのり つつしみの ひたちおひこそ いともかしこし』ホ16
『かけまくも いとおそれみの おんうたと みちとみひこも もろこえに』ホ17

全部見る 

 
いつ(秀つ・逸つ・至つ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「いつ(稜威)」「あな」「あら」「いさ」「いた」「ふつ」「わな
類語:「いたり(至り)」「いとう

 
 

【糸】
1.寄り合せたもの。績んだもの。連ねたもの。結うもの。
2.続き連なるもの。長いもの。

『あめのかみよの ななよめお つくいとくちは』ホ2
『あかひこくわに ひくいとお なつめかおりて うふきぬの みはたてまつる』ホ4
『そのことのねは いさなきの かきのかたうつ いとすすきホ9
『このうたは のちのゑにしの あふうすの かもいとむすふ ひなふりはこれ』ホ10
『きさらきの なかよりみうお めにやわせ ひとくさそたつ いというそ』ミ7

全部見る 

 
いつ(結つ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・結ぶ・連なる・続く」などの意。

派生語:「いとくち(糸口)」「いとすすき(糸薄)」「かもいと(離糸)

  
 

【(妹下・妹)】
妹。

『まこかなす いとうけすてめ あかかたに くろそのつみと うむみこお』ホ24
『にきはやひ いとみかしやお きさきとし うむみこのなも うましまち』ホ29
『つるきねか めのかつらひめ うちきさき いとかつらより しもきさき』ホ31
『はつきはつひに ひはすひめ きさきにたてて いとみたり すけとうちめに』ホ36

 
い(妹・女・陰)」+「と(下・乙・劣・弟)

類語「いもと(妹)

 
 

【(上下・兄弟・姉妹)】
上のものと下のもの。早いものと遅いもの。 =ゑと

い(上)」+「と(下)

変態:「ゑと(上下・兄弟・姉妹)
関連語:「いとこ(従兄弟)

  

10/10/11

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】